『舞いあがれ!』訓練中の天候悪化で着陸不能になった舞、救ったのは大河内の思わぬ行動

福原遥が主演を務めるNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』。12月12日(月)から12月16日(金)には第11週「笑顔のフライト」が放送される。

【写真】いよいよ帯広フライト過程の最終審査に…『舞いあがれ!』第11週【2点】

大河内(吉川晃司)の「なぜパイロットを目指したのかを思い出せ」という言葉が舞(福原遥)の心には刺さっていた。遅れを取り戻すことに集中しようとする舞。一人で訓練機に乗って飛ぶソロフライト訓練に出る。

天候の変化で大河内から訓練の中止と、帯広空港への帰投を指示されるが、さらなる天候悪化により帯広空港への着陸が困難になり、釧路空港への目的地変更となる。一人、不安にかられながら釧路を目指す舞。

大河内の思わぬ行動に救われることになる。帯広フライト課程の最終審査に向けて、柏木(目黒蓮)や倫子(山崎紘菜)たちと励まし合い、審査に挑む舞。果たしてその結果は…。

連続テレビ小説『舞いあがれ!』は毎週月曜日から金曜日、朝8時から8時15分NHKにて放送中だ(再放送は0時45分~)。

【あわせて読む】『舞いあがれ!』チーフプロデューサーに聞く、福原遥ヒロインオーディションの裏側