さとう珠緒が『チャンスの時間』初登場、驚きのコメントに千鳥・大悟も困惑

千鳥がMCを務めるレギュラー番組『チャンスの時間』#205(ABEMA)が、11日(日)夜11時より放送される。

【写真】楽しそうに笑う千鳥の2人、ほか番組カット【4点】

今回は、男性が意外と知らない“女性の本音”を歌にして暴露する人気企画「女性の本音ラブソング!〜寒い冬だからいつかのメリークリスマスSP〜」が放送される。約1年3か月ぶりの開催となる今回は、タレント・さとう珠緒が番組に初登場する。さらに“本音クイーン”として殿堂入りする元AKB48でタレント・大島麻衣、さらにお笑いトリオ・ぱーてぃーちゃんの金子きょんちぃと信子に加え、“本音ソング”の生みの親であり、約2年ぶりの参戦となるタレント・あきまっくすが登場。

久々の開催に千鳥・ノブは「デカい大会にもできます。さいたまスーパーアリーナを目指してます」と胸を躍らせる。挑戦者たちは、男性に隠している本音を歌詞にして歌を披露。特別審査員のお笑い芸人・AMEMIYAと審査員長の大悟が、“最も心に響いた歌詞”は誰の曲なのかを審査する。

番組が始まると早速、さとう、大島、ぱーてぃーちゃん、あきまっくすがスタジオに登場。さとうを迎え、「どんな歌を歌うのか。一番この中では大人の女性ですからね」「男性経験のお話あまり聞かないんですけど」と疑問を浮かべる千鳥だったが、さとうが「“たまお”っていう名前がもうそうじゃないですか」とコメントし、一同仰天。大悟も思わず「さとうさんってこんな人だった?」と困惑する。

また、“本音ソング”シリーズで4度の優勝経験を持つ大島は「最近“チョメ姐”って呼ばれてまして」と明かし、女性から相談を受けることが増えたと報告。「新曲がどんどんできる。相談を受ける過程で、そんなに女子が悩んでるんだったら歌にして伝えていかなきゃ、と思いました」と、使命感を語る。そして、前回一途な恋愛模様を歌いあげたきょんちぃと経験豊富な一面をのぞかせた信子もそれぞれに曲を用意してきたと話す。2年ぶりの挑戦となるあきまっくすも、やる気をみなぎらせる。個性豊かな面々で送る、「女性の本音ラブソング!〜寒い冬だからいつかのメリークリスマスSP〜」。果たして、今回はどんな“女性の本音”が飛び出すのか。

【あわせて読む】藤田ニコルが語るパチンコをやる理由「まだ知らない気持ちがここにある」母も登場