EXITが帳消ししたい出来事、兼近「ボケ倒す俺を見た加山雄三さんがドン引きしていた」

ニュース番組『ABEMA Prime』が、平日夜9時より「ABEMA NEWSチャンネル」にて生放送されている。8日(木)の放送では、香川・小豆島にある妖怪美術館が主催する「チョーケシまつり」を紹介。今年起きた嫌な出来事や過ちを、妖怪のせいにして供養してくれるイベントにちなみ、EXITの2人が今年起きた“チョーケシ”したいことを打ち明けた。

【写真】加山雄三にドン引きされたことを明かす兼近大樹、ほか番組カット【5点】

兼近は「加山雄三さんがドン引きした」という出来事を回顧。「番組内でチャリティーマラソンを走り終えた後の感動シーンで、俺がボケすぎていたら、俺をチラ見した加山さんが歌いながらドン引きしていた。だいぶやらかしました」と猛省した。

りんたろー。は「兼近くんはこだわりが強いけど、僕は基本的にイエスマンで、言われたことを全部引き受けることをモットーとしてきた。ある日、僕が話したくないトークテーマを頼まれた。それを引き受けて話していたら、鬼のようにスベった。俺の責任でスベるのはいいけど、『これ嫌だな』と思いながらやるのはめっちゃ嫌だったので、ある程度の判断はしようって思いました」と悔い改めた出来事を明かした。

番組は、現在も「ABEMA」にて見逃し配信中だ。

【あわせて読む】高齢者でも大歓迎、EXITの考える“推し方”「お金かけたファンがすごいわけではないし、正解はない」