ジェシー(SixTONES)が主演を務める金曜ナイトドラマ『最初はパー』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※この日は23:20~/※一部地域で放送時間が異なる)の第7話が、12月9日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、ひょんなことからお笑い養成所に入学した、何をやっても中途半端な政治家の息子・利根川豪太(ジェシー)が、コワモテの生徒・澤村銀平(市川猿之助)や鬼講師・相田忠則(小籔千豊)らと出会い、時にぶつかり、時に励まし合いながら、プロの芸人を目指して奮闘する笑いあり、涙ありの物語。現在、TVerでは1~3話のダイジェスト動画が配信中。

前回第6話には、せいや(霜降り明星)がゲスト出演。そのキャラクターに、SNS上では「癖が強い」「演技好き」「まさかの役」​​とのコメントがあがっていた。

<第7話あらすじ>

お笑い養成所では、今日も生徒たちが授業でネタを披露していた。しかし、まったく集中できない利根川豪太(ジェシー)は、時間ばかり気にして上の空。まさに今、たったひとりの大切な相方・澤村銀平(猿之助)ががんの手術を受けている真っ最中なのだ。講師の相田忠則(小籔)は、「笑う余裕がない」という豪太を「そしたら、ここに来るな!」と一喝! すると、事情を知る市毛稔(迫田孝也)が思わず立ち上がる。

その後も病院からの連絡を待ち続ける豪太に、父・利根川周郎(橋本じゅん)から電話が掛かってくる。それは、澤村の容体についての連絡で……。

一方、講師室の相田のもとに校長の太田黒平次がやって来て、養成所に関する衝撃の事実が知らされる⁉︎