声優・豊口めぐみ 現場での嬉しい瞬間は“絵とセリフがぴったりあったとき”「スタッフさんが思い描いているキャラクターとうまくリンクしたということ」
日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

11月27日(日)、12月4日(日)放送回のゲストは、テレビアニメ「ポケットモンスター」「王様ランキング」「転生したらスライムだった件 転スラ日記」「鬼滅の刃 無限列車編」や映画「劇場版 鋼の錬金術師」「劇場版 マクロスF」などのキャストでも知られる声優の豊口めぐみさんです。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)チャンカワイ、豊口めぐみさん


◆絵とセリフがぴったりあったりするのが嬉しい瞬間

チャンカワイ:仕事において一番楽しい瞬間は?

豊口:それはやっぱり、相手の役者さんと芝居のキャッチボールがしっかりとできたときですね。セリフを投げたらキャッチして、投げ返して、受け取ってもらうっていう。このラジオの会話とかもそうじゃないですか。

チャンカワイ:でもラジオの会話ですと、人対人でキャッチボールができますけど、アニメのキャラクターを介したキャッチボールって、これまた特殊じゃないですか?

豊口:そうそう、自分の言葉じゃないものでキャッチボールをしなきゃいけないので、実はすごく難しいですよね。

チャンカワイ:でもバッチリあう瞬間があったりすると。

豊口:その瞬間は「“きたな!”って相手も思ってくれているよね」って思いますね(笑)。あとは絵とセリフがぴったりあったりすると「スタッフさんとの呼吸が上手にあったな」って思いますね。

スタッフさんも、私が担当しているキャラクターは「こういう喋り方をするだろうな」っていうのを想定して、喋りの速度(時間)をきちんと計ってくださっているので、クチパクが上手にできているんです。

チャンカワイ:やっぱりすごいな。

豊口:だから、それがぴったりあったときは、スタッフさんが思い描いているキャラクターとうまくリンクしたということなので、それはすごい嬉しい瞬間ですね。

(左から)豊口めぐみさん、チャンカワイ


◆最近では恥ずかしくて観れない

チャンカワイ:ご自身が吹き込んだ作品は観直したりするんですか?

豊口:昔は観ていましたけど、最近では恥ずかしくて観れないですね。

チャンカワイ:なんですか、その恥ずかしいって!

豊口:いや、なんか恥ずかしいんですよね(笑)。出ている作品を観ると自分の芝居が気になりすぎちゃって、集中して観ていられないんですよね。もうちょっとこうできたなとか、反省祭りですね。

チャンカワイ:OKが出てる作品なのに。

豊口:もうね、他の人の芝居も気になりだしちゃうんですよ。うまく演じていると、それはそれで悔しいと思うし、なるほど、こうやってもいいんだっていう気づきもあるし。

チャンカワイ:やっぱり大変なお仕事でもあり、でも楽しまなきゃいけないところもあり。

豊口:そうですね。自分で選んだお仕事なんでね、そこは責任を持って楽しくやっていきたいと思います。


豊口めぐみさんがキャスト出演している映画「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」は、11月25日(金)から全国公開中。

*   *   *

この続きはポッドキャストでどうぞ!

またこの番組ではヱビスビールのプレゼントをご用意しています。詳しくは番組ホームページをチェックしてください。

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/podcasts/cyt/