元乃木坂46・真洋(mahiro)が新曲配信「結婚報告をSNSでする時代だからこそ...」

アーティストの真洋(mahiro)が、10日(土)に5thシングル『Mistake』を配信する。今回、ジャケット写真とティザー・ムービーが公開された。

【写真】キュートなイラストで魅せる真洋の新曲ジャケット写真【3点】

真洋は、乃木坂46の1期生 川村真洋として活動後、多国籍ガールズグループ「Z-Girls」として韓国でデビュー。2021年からは活動拠点を再び日本に移し、ソロ・アーティストとして4作のシングルリリースしてきた。この秋からは、ドラマ『イワクツキ!第弐章』(tvk)や連続ドラマ『エルピス』(カンテレ、フジテレビ系)に出演している。

今回リリースする『Mistake』は、寒いこの季節にぴったりの一曲。真洋が年下の友人たちと話すとよく聞くという、「何年経っても元恋人が忘れられない」という気持ちをテーマにした楽曲だ。

昨今TikTok等で非常にたくさんの人から共感を受け、楽曲にも共通している令和の恋愛事情。思わず口ずさみたくなるポップなメロディーに乗せて、真洋が軽やかに歌い上げる。忘れられないことで美化されていく記憶と、すでに恋人ができた元彼へのどうしようもない気持ちがつづられた、令和ならではの歌詞にも注目だ。

真洋は、「この冬リリースする『Mistake』は、X’masにぴったりなwinter songです。結婚報告をSNSでしちゃうような時代だからこそ、生まれた楽曲です。何でも知ることができちゃうからこそ、知りたくないことまで知ってしまう。以前とは違う、令和の恋愛事情をポップに歌いました。女のコの心を上手く代弁できていたら嬉しいです。是非たくさん聴いてください」とコメントしている。

【あわせて読む】真洋(mahiro)、元乃木坂46メンバーとの変わらぬ絆「次は誰が結婚するか予想しています」