TAAF2023アニメ功労部門、浦沢義雄、宮武一貴、清川元夢らが受賞!

国際アニメーション映画祭『東京アニメアワードフェスティバル2023(TAAF2023)』が、2023年3月10日(金)から3月13日(月)まで池袋で開催される。

TAAFの「アニメ功労部門」では原徹、浦沢義雄、金山明博、宮武一貴、八巻磐、倉橋静男、清川元夢の7名が顕彰者となった。

2023年で10回目の開催となる東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、2002年より「東京国際アニメフェア」の一環として行われていた「東京アニメアワード」を独立・発展させた国際アニメーション映画祭。

新たな人材の発掘・育成、アニメーション文化と産業の振興に寄与すること、及び東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資することを目的に開催される。

TAAFの「アニメ功労部門」とは、アニメーション産業及び文化の発展に寄与した方々を顕彰するもの。アニメーションの技術、表現だけでなく、人材育成を含む教育活動、国際交流など、広くアニメーション産業の社会的地位の向上に貢献された方々に贈られる。

今回の受賞は7名。

初期のスタジオジブリを支え、数々の名作を生み出したプロデューサー・原徹。

独自の作風でアニメ・特撮の分野に永年にわたり貢献してきた脚本家・浦沢義雄。

日本のアニメーション創世期に頭角を現し今も現役で活躍を続けるアニメーター・金山明博。

空想世界を絵で具体化するメカニカルデザイナーの第一人者・宮武一貴。

緻密な計算と技術で仕上げていく撮影監督・八巻磐。

アニメーションに豊かな「音」を与え続ける音響効果・倉橋静男。

厳しさの中に柔らかさを感じさせる演技派の声優・清川元夢。

なおTAAFでは「アニメ功労部門」の他に、広く国内外からプロ・アマを問わず募集した作品に贈られる「コンペティション部門」(長編・短編それぞれにグランプリ、優秀賞など)、 日本国内で上映・放送された作品の中から選ばれる「アニメ オブ ザ イヤー部門」(アニメファン賞、作品賞、個人賞)が設定されている。

>>>TAAF「アニメ功労部門」受賞者と代表作品場面カットを見る(画像16点)

『風の谷のナウシカ』 (C)1984 Studio Ghibli・H 『ルパン三世 PART2』 原作:モンキー・パンチ (C)TMS

『あしたのジョー』 (C)高森朝雄・ちばてつや/TMS

『交響詩篇エウレカセブン』 (C)2005 BONES / Project EUREKA

『メトロポリス』 (C)手塚プロダクション/METROPOLIS 製作委員会 『AKIRA』 (C)1988 マッシュルーム/アキラ製作委員会

『新世紀エヴァンゲリオン』 監督:庵野秀明 (C)カラー/Project Eva.

※手塚プロダクションの「塚」は正しくは旧字体。