『AIの遺電子』TVアニメ化!メインキャストに大塚剛央、宮本侑芽

ヒトとAIの共存する世界を描く『AIの遺電子』のTVアニメ化が決定! キービジュアル第1弾・PV第1弾、キャラクター設定が解禁となり、メインスタッフ&キャストが発表。さらに原作・山田胡瓜先生によるアニメ化決定コメント・イラストが公開となった。

『AIの遺電子』は、山田胡瓜によるヒトとAIの共存する世界を描く近未来オムニバス。別冊少年チャンピオン、マンガクロスにて連載中だ。

舞台は22世紀後半。人権を持った「ヒューマノイド」と人類が共に暮らす世界で、ヒューマノイドを治す新医科の須堂光は、ヒトとAIの共存がもたらす「新たな病」に向き合っていく。時に、裏の顔も使いながら……。

この度解禁となったキービジュアル第1弾は、「これは、私たちの未来の物語――」というキャッチコピーと共に、電子の胎児を見上げる須堂光の後ろ姿が。

あわせて公開となったPV第1弾では、人間とAIが共存する世界と、「新たな病」に向き合う須堂光やヒューマノイドの看護師・樋口リサの様子を垣間見ることができる。

そして気になるキャストには、須堂光役に大塚剛央、樋口リサ役に宮本侑芽が決定!

大塚は「ヒューマノイドやロボットと共生する社会ではこういう問題が起こるんじゃないか、ということが色々な角度から描かれていて興味深く、またそれについて自分で思考を巡らせるのが楽しいです。須堂は表現が難しい人物ですが、一言で言うならば、信頼できる医者という印象を持ちました。」、宮本は「 ”ヒト” と ”ヒトとよく似たヒューマノイド” が共存する世界で、 ”人間たち” がどうやって愛を育んでいくか。私もこの作品に出会えて、愛を持って人と繋がることを考えさせられました。なかなか人と出会うことが少なくなってしまった今だからこそ、皆さんにも早くお届けしたいです!」とコメントを寄せている。

また、原作・山田胡瓜先生からは「『AIの遺電子』は16ページ1話完結のSFという、珍しいタイプの漫画です。涙あり笑いあり、哲学的な話もあればラブコメもあり…いろんな未来のストーリーを各巻にギュッと詰め込んだつもりです。その魅力を全12話のアニメーションに、これまたギュギュッと詰め込んでいます。毎話きっと飽きさせませんので、ぜひご覧ください!」とアニメ化に寄せたコメントが到着。

須堂とリサが描かれたお祝いイラストも要チェックだ。

さらにTVアニメ化決定を記念して、山田胡瓜先生によるお祝いイラスト色紙をプレゼント! TVアニメ『AIの遺電子』公式Twitterアカウントをフォロー&対象ツイートをRTした方の中から抽選で1名に当たる。この機会にぜひ公式Twitterをフォロー&対象ツイートをRTして参加してほしい。

TVアニメ『AIの遺電子』の放送時期・放送局など、今後の続報に乞うご期待!

>>>キャラ設定やPV場面カット、原作書影ほかを全て見る(写真35点)

(C)田胡瓜(秋田書店)/AIの遺電子製作委員会2023