Spotify年間ランキング第2弾、藤井 風「死ぬのがいいわ」が海外から大反響

Spotifyが2022年の年間ランキング第2弾を発表。海外で最も再生された日本の音楽ランキング、リリース年代別に最も再生された楽曲ランキングのデータが公開された。

主なハイライトは次の通り。

●海外で最も再生された日本の楽曲は、藤井 風の「死ぬのがいいわ」(※藤井 風は国内アーティストとして初めて月間リスナー数1000万人を突破)

●海外で最も再生された国内アーティストは2年連続でYOASOBI(※アニメから派生した日本のポップカルチャーが引き続き人気)

●今年最も再生された70年代の楽曲は昨年に続き荒井由実「やさしさに包まれたなら」、80年代は米米CLUB「浪漫飛行」、90年代はスピッツ「チェリー」

■海外で最も再生された国内アーティストの音楽

海外で最も再生された日本の楽曲は、藤井 風「死ぬのがいいわ」。アジアでのSNSバズをきっかけに、2022年7月以降、Spotifyのバイラルチャートの対象74地域すべてでランクインを果たし、23の国と地域で1位を獲得。なお、この曲が最も再生された国と地域は、1位アメリカ合衆国、2位インド、3位日本の順だった。藤井 風は、国内アーティストとして月間リスナー数1000万人を突破。

3位以降には、SiM「The Rumbling」(『進撃の巨人 The Final Season Part2』 OPテーマ曲)、Eve「廻廻奇譚」(『呪術廻戦』OP テーマ曲)、5位 Lisa「紅蓮華」(『鬼滅の刃 炭治郎立志編』OPテーマ曲)、6位 Aimer「残響散歌」(『鬼滅の刃 遊郭編』OPテーマ曲)と、今年もアニメ関連楽曲がエントリーしている。

今年海外で最も再生された日本のアーティストは、2年連続でYOASOBI。Eve、久石譲がこれに続いた。YOASOBIの「夜に駆ける」は、海外で最も再生された国内楽曲の2位にもランクイン。

■今年最も再生されたリリース年代別楽曲

70年代にリリースされた楽曲で今年最も再生された楽曲では、荒井由実がトップ3を独占(1位「やさしさに包まれたなら」、2位「ひこうき雲」、3位「ルージュの伝言」)。80年代は米米CLUB「浪漫飛行」、90年代はスピッツ「チェリー」、2000年代はスキマスイッチ「全力少年」、2010年代はMrs. GREEN APPLE、井上苑子「点描の唄」がそれぞれ1位となった。

【関連記事】Spotify2022年ランキング発表 BTS、ハリー・スタイルズ、Tani Yuukiらが快挙