BEYOOOOONDS、Bリーグハーフタイムショーで熱いパフォーマンス「いろいろな可能性を広げたい」

BEYOOOOONDSが、12月5日に川崎市とどろきアリーナで開催された「B.LEAGUE 2022-23 SEASON 第9節 川崎ブレイブサンダースVS島根スサノオマジック戦」のハーフタイムショーに出演した。

【写真】弾ける笑顔でスタンドを盛り上げるBEYOOOOONDS【5点】

ハロー!プロジェクトに所属し、今年初となる単独日本武道館公演を成功させたBEYOOOOONDS。勢いが止まらない彼女たちは、昨年に引き続き「B.LEAGUE」のハーフタイムショーに出演した。

颯爽とコート中央に登場すると、最年長メンバーの一岡伶奈が「皆さんこんばんは!BEYOOOOONDSです!」と観客に挨拶。そして、リズミカルな自身の代表曲『ビタミンME』『Hey!ビヨンダ』の2曲を360°見渡すことのできるコート内で力強く披露し、後半戦に向けて会場を盛り上げた。

現在、中地区2位につけているホームチームの川崎は昨日からの連勝をめざし試合に臨んだが前半を33 - 41とリードを許し、後半はさらに白熱した攻防となったが、61 - 89 でこのゲームは島根の勝利となった。

約4000人の観客と一緒に、BEYOOOOONDSメンバーは全員で後半戦をスタンドで観戦。バスケットボールが大好きな高瀬くるみは「生で観戦できたのが、前回(昨年11月)以来だったので、やっぱり迫力があってその場にいると感じるものが多く、高揚感を感じました。私たちは普段応援してもらう側だったりするんですけど、人を応援することがこんなにも自分の気持ちを熱くしてくれるんだなと感じました。

気温が低くて少し寒かったんですが、試合を観てそんなのぜんぜん寒くないくらい、夏みたいな気持ちで応援出来て良かったなと思いました。また、今回のようなアイドルイベントとは違うお仕事をきっかけに、いろいろな可能性を広げて、私たちを知らない皆さんにも知っていただき愛されるグループになっていけたらいいなと思います」と試合後の感想とBEYOOOOONDSの今後の意気込みも語った。

なお、BEYOOOOONDSは、年末12月30日、31日に中野サンプラザにて行われる「Hello! Project Year-End Party 2022 〜GOOD BYE & HELLO ! 〜」に出演する。

【あわせて読む】BEYOOOOONDSがブランドと初コラボ、高瀬くるみ×山﨑夢羽×里吉うたの<ロンTチーム>インタビュー