乃木坂46 齋藤飛鳥ラストソロ曲『これから』のMVが公開、過去と現在と”これから”の姿を映し出す

12月7日(水)発売の乃木坂46 31stシングル『ここにはないもの』の初回仕様限定盤Type-Aに収録された齋藤飛鳥ソロ曲『これから』のMusic Videoが、同グループのオフィシャルYou Tubeにて公開された。

【写真】動物園で動物と触れ合う齋藤飛鳥、ほか『これから』MVカット【5点】

11月末と12月頭に撮影された『これから』のMusic Videoは、齋藤飛鳥のこれまでの歩みと今現在の姿、そして“これから”別の場所に向かう姿を映し出す事をコンセプトに制作された。

「とにかく楽しい!」と動物園で動物と触れ合う齋藤飛鳥の姿を8mmフィルムで撮影を行ない、またダンスシーンでは足跡が描かれており、現在と過去の齋藤飛鳥が交錯する様子が描かれている。

様々な映画・ドラマ・MV等を手掛け、乃木坂46では『逃げ水』『路面電車の街』などのMVを多数手掛けている、映像ディレクターの山岸聖太が監督として指揮を執った。

乃木坂46の1期生最年少としてグループに加入し、このグループに全てを注いできた齋藤飛鳥のかけがいのない11年間の軌跡。齋藤飛鳥にとって乃木坂46としての正真正銘“最後”となるMusic Videoに注目したい。

【あわせて読む】乃木坂46 齋藤飛鳥ラストシングルのMVが公開、直筆の「いってきます」が全てを物語る