グラビアアイドルの沢口愛華が、12日発売のグラビア雑誌『旬撮 GIRL Vol.13』(扶桑社)の表紙を飾る。

  • 沢口愛華 撮影:中村和孝、ヘアメイク:斉藤誠、スタイリング:牧野香子

令和のグラビアクイーンと呼ばれる沢口。今回は「清純さの中にあるセクシー」をテーマに、フレッシュさあふれるビキニカットから、大人の色気を感じる写真を収録。グリーンのビキニでは、濡れ髪で横たわりながら圧巻のプロポーションを披露している。そのほか青いビーチの砂浜の上での真っ白なワンピース姿、さらにそのワンピースを脱ぎ捨て、純白ビキニでレンズを見つめる姿も。10代ラストだからこそ体現できる魅力を、最大限に発揮したグラビアとなっている。

そのほか、澄田綾乃やアイドルとしても活躍する池本しおり、バーレスク東京の人気ダンサー・ももが登場。妄想撮シリーズ「このあと、どうする?」では、本格ミステリ作家・円居挽氏が描く美しきディーラーを「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 20-21」にも輝いたあのんがセクシーに表現した。熊日文学賞の受賞歴もある作家・海猫沢めろん氏が書き下ろした無邪気な同僚とのラブストーリーは、志田音々がかわいらしく艶やかなグラビアで体現している。