前日会見に出席した長友佑都 [写真]=FIFA via Getty Images

 日本代表DF長友佑都(FC東京)が、5日に行われるFIFAワールドカップカタール2022・ラウンド16クロアチア代表戦の前日会見に臨んだ。

 スペイン代表、ドイツ代表、コスタリカ代表と同居したグループEを首位通過し、2大会連続で決勝トーナメントに進出。史上初のベスト8以上に向けた戦いが始まる。4大会連続の出場となる長友は、「これまで2回、壁を乗り越えるために挑戦したんですけど、その悔しさは今でも心の中にあります」と語り、「(ロシアW杯の)ベルギー戦は忘れたことがないです。ずっと自分の心の中にあるし、ふとした瞬間にあの最後のカウンターが頭をよぎることが何度もありました。正直この4年間は苦しいことの方が多く、この大会にかける思いが強かったんで苦しかったです」とこの4年間を振り返った。

 それでも長友は、「その苦しさをみんなで乗り越えて、心技体すべてで一人一人がレベルアップしたと僕自身は感じています」と言葉を続ける。「約15年間代表でプレーさせてもらっていますが、このチームが歴代最強だなと、少なくとも自分が見てきたチームでは最強と、自信を持って、誇りを持って言えるチームに育ってきたと思っています。明日は必ずクロアチアを破って、みんなで新しい景色を見たいなと思います。そして、また大きな声でブラボーと叫びたいと思っています」

「最高の試合と最高の結果を得られるよう、日本サッカーの歴史に黄金の1ページを刻めるよう、その意気込みで必ず勝ちたいと思います」

 また、長友は決勝トーナメントでの戦いに必要となることを問われ、「コラッジョ(イタリア語で勇気、勇敢に立ち向かう)」と回答。自分たちを侍に例え、「勇敢さを全世界に表現できる最高の機会。僕たちの侍魂を世界中の皆さんに見てもらいたい」と意気込みを示している。

「ドイツ戦の前に全員と一人ひとりと握手しながらコラッジョを注入したんですけど、それをみんな体現してくれている。スタメンから出る選手も途中から入る選手もそうですし、ベンチの雰囲気もかなり良くてですね。どのチームよりも一丸で戦えていると感じていて、それが今の日本の強さ。僕が今さらコラッジョを伝えなくても、みんなが持っている熱い闘魂で熱いプレーを見せられると思うので、皆さん楽しみにしていてください。勝ちます」

「侍が戦いに行く前、武器や技術を磨いて、いざ戦いになったときに敵を前にしてビビッていたら、武器も技術も結局は使いものにならないと。サッカーも同じで戦術的なことや技術的なことも大事だけど、それを4年間でいくら磨いても、W杯のピッチに立ったときにビビってしまったら、その技術は生かせないだろうと思っています。4年間積み上げた戦術や一人ひとりの技術を生かすためにも、必要なのはコラッジョ。明日は勇敢に戦う日本人の魂を世界に見せたいです」