幻想のアート!「AKASHIC RECORDS 3 ~ from Illuminati ~」レポート

メディコム・トイ代表取締役社長・赤司竜彦氏がキュレーションしたアーティストやブランド、コンテンツの作品を展示・販売するプロジェクト「AKASHIC RECORDS」の第3弾、「AKASHIC RECORDS 3 ~ from Illuminati ~(アカシック レコーズ 3 ~フロム イルミナティ~ )」が2022年10月22日(土)から31日(月)まで、表参道ヒルズのスペース オーで開催された。ここではその様子をレポートしよう。

「AKASHIC RECORDS」は、メディコム・トイ 代表である赤司竜彦自らがキュレーションを行い、世界中から厳選したアーティストやブランド、コンテンツの作品を一堂に展示・販売するプロジェクト。

メディコム・トイ史上最も実験的でアーティスティックなイベントとして 2020年のハロウィンシーズンに誕生して以来、これまでに2度のポップアップを成功させ、今年3月には「AKASHIC RECORDS 2.5」として「アートフェア東京」への初出展を果たしている。

展示品=開催記念商品は、1点ものの「WEB抽選販売商品」と、会期中に会場レジにて販売を行う「会場販売商品」に分かれていた。また、販売されない参考出品のものも数点含まれていた。

また、閲覧するだけであれば入場無料のフリー入場制となっていた。

まずは会場全体の様子をご覧に入れよう。

中央には鏡面の柱が立てられており、その1面には刻々と変わる画像が映し出されていた。

会場の奥の一隅は、キュレーターである赤司氏の部屋をイメージしたコーナーになっていた。

こちらは物販購入待機列用のスペース。今回の販売物リストや、過去作も展示されていた。

>>>「AKASHIC RECORDS 3 ~ from Illuminati ~」の画像を見る(画像60点)