「不倫は絶対にしてはいけない」渡部健、有田哲平からの厳しい指摘に“改心”をアピール

くりぃむしちゅーの有田哲平とフワちゃんがMCを務める、ABEMAの新バラエティ番組『有田哲平の引退TV』#2が12月2日(金)夜9時より放送された。

【写真】渡部健に引退勧誘を畳みかける有田哲平、ほか番組カット【10点】

『有田哲平の引退TV』は、極めて近い将来の“引退”を決意した有田が、一緒に引退したほうがいいと考える芸能人に引退勧告をするという、異色のABEMAオリジナルバラエティ番組。

#2のゲストには、#1に引き続き、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が登場。有田からの引退の提案をやんわりと回避し続ける渡部だったが、現状、月1のレギュラー番組『白黒アンジャッシュ』しか仕事がない状態の渡部。有田から今後の展望について質問されると、「結果ではなく“やるぞ!”という姿勢かなと思っていて一番大事なのは。もう1回芸能界で頑張るのがまず大事かなと思ったんです、今後の人生を考えたときに」と真摯に語る。

しかし、有田は「渡部の良さってさ、ツッコミなんだけど、人を小馬鹿にした目線だと思う。でもそれもあの事件で奪われちゃったじゃん。人を悪く言ったりできなくなって」と以前のままの芸風では難しいのではないかと告げ、「大事な翼を奪われて堅苦しくなるぐらいなら、いっそのことスパッと辞めた方がいいんじゃないか」と再び引退勧告。

「一般人としてインフルエンサーになったり。テレビ出るとしても“僕もう引退してるから面白くないとか言われても知らない”って(言える)」と有田が引退に向けて説得を続けると、そんな有田の提案が腑に落ちた渡部は「結構それ無敵ですね」と目を輝かせた。これにはスタジオMCのフワちゃんも「揺らいでるじゃん!」とツッコミを入れ、スタジオを笑わせた。

渡部は活動を自粛していた期間を振り返り、「周りに支えられた2年間だったので、当時はなかったかもしれない感謝の気持ちに満ち溢れている」と、心身ともに再スタートを切ったことを必死に伝えるが、有田は「(渡部は)そういう人じゃないと思うんだけどな。そこがいいところなんだけどな」と笑いをにじませながら、「じゃあ1回リセットして一緒に合コン行こうか?」とまさかの提案。これにはさすがの渡部も「ダメですよ。ダメなんですそれが一番。有田さんもダメです!」とツッコミ。

有田が「俺だって家族いるけど、そのリスクを背負っていくから」と冗談を交えると、渡部は「そんなの本当にない。変わりましたし、皆さんに言います。“不倫は絶対にしてはいけない”と。なぜいけないかとちゃんと話をします」と改心したことを必死にアピールした。

2人の思い出話や未来の話に花を咲かせつつも、最終的に引退勧告に着地する流れに、渡部は「まさかですけど、俺が引退するって言わないと終わらないとかないですよね?」と不安気な表情。すると、有田は「一応そう。『有田哲平の引退TV』っていうタイトルだから。“引退しません”って言われたらショボくなっちゃう」と返答し、「もうらちが明かないからね。“引退誓約書”を用意しました。改めて一晩考えて、提出してください」と、渡部に引退誓約書を手渡した。

1時間半にもおよぶ対談を改めて振り返り、笑いや皮肉を交えながらも渡部を思う有田の気持ちに感謝を伝える渡部。実は渡部の番組出演が決まった際、渡部が有田へ電話をしようとしていたことを明かす一幕では、有田は「番組で話をしたかったから“電話はまた今度”とした。申し訳ないけど。それまでも“復帰おめでとう”ぐらいの連絡もしたかったけど、こういうときだけしゃしゃり出ていくのもなって思いもあって」と語り、渡部は「その思いがあってなんで引退勧告になるんですか!」と困惑の表情でスタジオを笑わせた。

【あわせて読む】有田哲平が「芸能界で初めてできた友達」、渡部建に5年ぶり再会からの引退勧告