木村拓哉「気をつけないと、俺がわりと感情的になりがちで…(笑)」リスナーの「人生の1曲」に感動!?
木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMのラジオ番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(毎週日曜 11:30~11:55)。11月は「音楽企画」をオンエア。11月27日(日)の放送は、リスナーから寄せられた「人生の1曲」をオンエアしました。


1ヵ月にわたってお届けしてきた「音楽企画」のラストを飾るのは、当番組の定番企画「人生の1曲」。この企画は、番組ゲストに人生のターニングポイントで聴いた曲や、人生のテーマソングになっている曲などを伺い、「人生の1曲」をオンエアするコーナーです。今回は、リスナーから寄せられた「人生の1曲」を紹介しました。

<リスナーのメッセージ>
自分にとっての「人生の1曲」は、ケツメイシの「仲間」です。


学生時代、ずっと野球をやってきたのですが、大学 1 年のときに選手生命に関わるような大きなケガをして、選手としての道を諦めてマネージャーとしてチームのサポートをすることになりました。

チームのサポートをするなかで、大学 2 年のときに全国制覇を果たしました。胴上げをしているチームメイトをスタンドから見ていたときの感情は、“うれしい”ではなく“悔しい”でした。今まで花形のようなポジションをずっとやらせてもらっていた自分には、人生で初めて味わう挫折で、これを1つの区切りとして野球から離れることにしました。

その後、しばらくフラフラしながら腐っていた自分を見かねた高校時代の友人が、激励の意味も込めて教えてくれた曲が、ケツメイシの「仲間」です。その曲を初めて聴いたとき、泣かずにはいられなくて、友人が何も言わずにずっと側にいてくれたのを覚えています。

現在は日々、仕事に励んでいます。時々、「あぁ……もういいや」「疲れた」などと弱音を吐いてしまいそうなときもありますが、そんなときにケツメイシの「仲間」を聴いて、当時の感情を思い出し、自分を奮い立たせています(25歳 男性)



メッセージを読み上げた木村は、「初めてくらった挫折、そのときに支えてくれた仲間……すごいナンバーですよね、ケツメイシの「仲間」。実際に、その曲が今の君のことを支えてくれているという。いやぁ~、リスナーのみなさんの『人生の1曲』、レギュラーにしてもいいくらい良いコーナーですね!」とコメント。

続けて「気をつけないと、メッセージを読み上げる俺がわりと感情的になりがちで……危ない、危ない(笑)。やられそうになりましたよ!」と話していました。

次回12月4日(日)の放送は、木村の主演映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」(2023年1月27日(金)公開予定)で共演している俳優・伊藤英明さんをゲストに迎えてお届けします。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/