みちょぱ世代は「こんばんみ」の元ネタを知らない!? ビビる大木「そのぐらいがいいなと」
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

11月12日(土)放送のお客様は、お笑い芸人・ビビる大木さん。ここでは、大木さんのギャグ「こんばんみ」誕生秘話を明かしました。


ビビる大木さん


1974年生まれ、埼玉県出身の大木さん。1995年に芸能事務所「渡辺プロダクション」(現・ワタナベエンターテインメント)に所属し、お笑いコンビ「ビビる」として活動。「こんばんみ」などのギャグで注目を集め、お笑いコント番組「笑う犬の冒険」(フジテレビ系)などに抜擢。2002年にコンビを解散してからは、「ビビる大木」としてピン芸人に。その後も、数多くのテレビに出演し、現在は、朝の情報バラエティ番組「ラヴィット!」(TBS系)の火曜レギュラーとして、川島と共演しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:ビビる大木さん


◆「『何かしゃべんなきゃ』と思って…」

川島:大木さんの「こんばんみ」はどうやって誕生したんですか?

大木:コンビ時代に夜な夜なライブに出ていたんですけど、当時はお笑いブームなんてないから、お客さんも20人ぐらいしかいなかったんです。お笑いライブってエンディングで告知するじゃん?

川島:はい。そこでもう1発ボケる瞬間があって、ギャクをやる人もいますね。

大木:たとえ告知することがなくても「何かしゃべんなきゃ」と思っていたの。だいたいライブが終わるのが夜の9時ぐらいだったから、「こんばんは」の「は」の部分を変えて、「夜の挨拶ぐらいはするか」ぐらいのトーンで始めたのが「こんばんみ」。

川島:(笑)。いきなり「み」ですか?

大木:いきなりだったかな? そのあとに「こんばんよ」とか「こんばんや」とか言ったんだけど、「こんばんみ」以外はあまりウケなかった。後々、仕事で出会った国語の先生みたいな人から「『み』にしてよかったね」と言われたんだけど、「み」って人間の耳に残る音なんだって。

川島:へええ!

大木:「『み』を選んだのはいい選択だったよ」って言われた(笑)。

川島:それが20年以上続くギャグになるとはね。

大木:ギャグというか挨拶というか。この間、みちょぱが「昔、『こんばんみ』とか超使ってた」って言うから「みちょぱも使ってたの? ありがとね」って言ったの。そうしたら「は?」って言われて(笑)。

川島:あれ?

大木:「あれは俺が20歳のときに開発したんだよ」って言ったら、「あれ大木さんが言い始めたの!? 何も知らずに中学のときに使ってた」みたいな。

川島:一人歩きしているんだ。

大木:そのぐらいがいいなと思った。

川島:一番すごいことですよ。

大木:でも、俺が言ってから、みちょぱは「恥ずかしくて使いたくない」って言ってた(笑)。

川島:(笑)!

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee、Spotify)も配信中です。

次回12月3日(土)のお客様は、吉田明世さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/