『金スマ』MC中居正広の休養による不在で大事件…二宮和也が代打、松坂桃李らと男同士のガチトーク

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS )の2時間スペシャルが、12月2日(金)に放送される。

【関連写真】『金スマ』2時間スペシャルに登場、華麗なる転身を遂げたシノラーこと篠原ともえ

MCの中居正広が休養中の『金スマ』、なんと中居が録音音声で「二宮さんしかいないじゃないですか!」と後輩・二宮和也を指名。二宮は『金スマ』初登場でいきなり代打MCに抜擢された。

さらに、二宮主演の映画『ラーゲリより愛を込めて』に出演する豪華俳優陣が登場。二宮和也×松坂桃李×桐谷健太×安田顕の4人が男同士の本音ガチトークを繰り広げた。

二宮は「デビュー作で照明を当ててもらえなかった」、松坂は「右も左もわからず主演に…」、桐谷は「オーディションに100回落ちた」、安田は「北海道ローカルのコンプレックス」などと、ほかでは聞くことのできない赤裸々トークが飛び出した。

映画『ラーゲリより愛を込めて』は戦後に起きてしまった悲劇「シベリア抑留」をテーマにした作品。出演に当たって二宮にはある想いが。「僕のおじいさんもシベリアに…」と語るように、二宮の祖父もシベリア抑留者だったのだ。「シベリア抑留」とは何だったのか? 今回、映画ともリンクする感動の“愛の実話”を再現ドラマ化。11年間引き裂かれたある家族を繋いだ奇跡の52通の手紙とは?

そして収録後、MCをやりきった二宮に、なんと中居から生電話が。テレビでガッツリ喋ったことがないという2人は一体何を語るのか?

【あわせて読む】“シノラーブーム”から27年・篠原ともえが語る華麗なる転身、背中を押してくれた吉田拓郎の言葉