高橋一生と橋爪功が出演する土曜ナイトドラマ『6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)が、2023年1月にスタートする。

2021年上演の舞台『NODA・MAP 第24回公演 フェイクスピア』で「第29回読売演劇大賞最優秀男優賞」を受賞するなど、舞台からドラマ、映画と引っ張りだこの実力、人気を兼ね備えた俊英・高橋。そんな彼と『フェイクスピア』でも共演、俳優生活60年となるベテランで、日本俳優界を代表する名優・橋爪。世代を超え、互いにリスペクトを送り合う彼らが抱いていた、“2人で一緒にドラマをやりたい”という熱き思いが、ついに実現!

同ドラマの舞台は、地方都市で代々続く煙火店(=花火店)。高橋と橋爪は、四代目となる父・望月航(こう)と、その息子・望月星太郎(せいたろう)に扮する。「すまん」という一言を残して、父親が亡くなり、1人取り残された星太郎はひとり途方に暮れることに。しかし数か月後、死んだはずの父親が、当たり前のように日常に現れて……!? 2人の共演作は、花火師親子の不思議な日常を描き出す、一筋縄ではいかない心温まるファンタジーとなっている。

高橋が「橋爪さんがやりたいと言ってくださっているというのがとても嬉しかった」と語れば、橋爪も「(高橋)一生は『面白い役者だな』と思っていました。ドラマなどでも、見かけるたびに違う面を見せていますから」と、お互いに役者として尊敬の念を抱いている2人。その関係性に、ヒロインとして本田翼が参戦。今作が、テレビ朝日ドラマへの初出演となる。人生の岐路に立ち、星太郎に弟子入り志願する謎の女性・水森ひかりを演じるが、高橋、橋爪との共演は「私からすると“別次元の存在”。ずっとテレビで拝見していたので、ご一緒できるのがとても光栄ですが、まだ実感がないというのが今の正直な気持ちです」と語る。

脚本は、『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(2021年/テレビ朝日系)で脚本界最大の栄誉・向田邦子賞を受賞した橋部敦子によるオリジナル。この脚本に高橋は「演劇の脚本を読んでいる印象」と“ライブ感”を存分に感じ、橋爪も「後半に行くほど、どんどん話が広がっていく」と絶賛。本田も「人間味のある、日々の小さなことが光り輝いている」と期待を寄せる。この卓越した会話劇で、芝居巧者たちがどのような演技合戦を繰り広げるのかに注目だ。

コロナ禍でイベントが減り、全国の花火業者は大打撃を受けた。そんな苦境に喘ぐ花火業界を、舞台にした『6秒間の軌跡』。打ち上げ花火は、実は個人でもオーダー可能で、さまざまな依頼が星太郎のもとにやってくることで、ストーリーはさらなる広がりを見せる。花火を打ち上げたくなるほどの、人生の節目を迎えた人々……。そこには、どんなドラマが待っているのか? 劇中では、実際に夜空に花火を打ち上げるようで、まさに花火が“もう1人の主役”とも呼べる演出となっている。

<高橋一生(望月星太郎役) コメント>

今回は、ヅメさん(橋爪)がやりたいと言ってくださっているというのがとても嬉しくて。共演者の方やスタッフの方が「一緒にやりたい」と言ってくださるのは、僕としてはとてもありがたいことですから。今回は、花火にまつわるストーリーということで、花火師の方に教えてもらいながら、花火作りを体験せていただきましたが、あの細かい緻密な作業は嫌いではなかったです。実はコロナ禍で、なかなか花火大会も行えず、花火師の方々はどうされてらっしゃるのか、僕なりに気にかけていました。それもあり、もっと練習して、お恥ずかしくない形で皆さんに花火師としての姿を見ていただければと思います。昔から花火が好きで、地元なので神宮の花火大会は小さいころから楽しんでいました。どこから見るのが一番いいのか、友人とスポットを探したりしましたね。昨今は、祭囃子も花火の音もなかなか聞けなく、とても寂しいなと感じていました。

また今回の橋部さんの脚本は、会話劇がメインで、演劇の脚本を読んでいる印象でした。ヅメさんは相手の呼吸をすごく汲んでくれる方なんです。人の動向を常に見ている感じがお芝居でも見て取れるんですが、今からどのようなやり取りが生まれるのかとても楽しみです。僕とヅメさんの親子に関係してくるヒロイン・ひかりを演じられるのが本田翼さんですが、なぜか物静かなイメージを抱いていました。少し影のあるひかり役にもピッタリだと思いますし、初めての共演を楽しみにしています。

ある意味で、忘れ去られてしまったのか、一周回って新しいのか……『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』のような、古き良き時代のドラマを彷彿とさせながらも、今の人にも時代にも合って、楽しめる会話劇、人の機微をちょっと風変わりな視点で見せていくホームドラマになっていると思います。アイデアも出しながら、共演者、スタッフの皆さまと良いと思えるものを信じて作っていければと思います!

<橋爪功 コメント>

高橋一生と何かやりたい、という話をプロデューサーと話していたんです。出発点は、一生とドラマをやりたかったという思いです。彼とは昨年、舞台『NODA・MAP 第24回公演 フェイクスピア』でも一緒でしたが、それ以前からも「面白い役者だな」と思っていました。ドラマなどでも、見かけるたびに違う面を見せていますから。今回は、ファンタジー要素もあり、非常にストーリーがよくできていると思います。だからこそ、演技に関してもいろいろ試すことができる。そのあたりは、一生がいろいろとアイデアを出してくれると思っています(笑)。

橋部さんの脚本は……台詞を覚えられるかな(笑)。一生との掛け合いも楽しみですね。後半に行くほど、どんどん話が広がっていくのも、面白みだと思っています。そこに、本田翼さんが入って来られて……僕も一生も口が悪いんで、それに耐えていただけるのかだけ心配ですね(笑)。

花火は、とても好きです。ぼーっと見ているだけでもいいものです。劇中の台詞にも出てくるんですが、刹那的な部分も魅力ですよね。

この作品が回を重ねるごとに、どうなっていくのか僕自身も楽しみにしていますし、ぜひ、毎回の展開を楽しみにしてほしいですね。頑張って工夫していきます……主に一生が工夫してくれると思います(笑)。面白くなるも、つまらなくなるも、すべて一生にかかっていますから(笑)。

<本田翼 コメント>

このお話を最初にお聞きした時の感想は、「ひかり役、なんで私に声をかけてくださったんだろう」です(笑)。高橋さん、橋爪さんというお二人に私をキャスティングするというチャレンジな作品に応えられるよう頑張りたいと思います。お二人とも初共演ですが、私からすると“別次元の存在”です。ずっとテレビで拝見していたので、ご一緒できるのがとても光栄ですが、まだ実感がないというのが今の正直な気持ちです。橋部さんが手掛けられた脚本も、人間味のある、日々の小さなことが光り輝いているというか、それが積み重なってドラマとなっていく描き方が繊細で、読んでいてとても楽しかったです。ドラマならではの、非現実的なこともあり、その“日常と非現実とのふり幅”も楽しんでいただけると思います。

私が演じる水森ひかりは、一見、気になったことは何でも口に出すタイプですが、実は心に何かを秘めているちょっとミステリアスな女性です。またチャレンジ精神と素直な面もありそこは共感できる部分です。星太郎に対して鋭く突っ込んだりしますが、まだ自分自身のことは、はっきりとわかっていないという印象を受けました。

花火は、ドーン! という音が好きです。まさに夏の風物詩ですよね。私が花火をお願いするならば、誰かへの感謝。“ありがとう”といったメッセージを込めて、夜空に打ち上げたいです! 

テンポの速い会話劇……いったいどうなるのか、自分でもまだわからない部分がありますが、見てくださる方々にとって土曜の夜の、ささやかな楽しみになれればうれしいです。

<中込卓也プロデューサー コメント>

言い出しっぺは橋爪さんでした。舞台で共演し、意気投合し「一生とドラマをやりたい!」と。その言葉を託された私は、キューピット宜しく一生さんの元へ。「そんな光栄なことはないです。是非」との回答。相思相愛確定で、かくしてこのドラマは動き出しました。

一生さんとお話をするうちに、その独特な死生観に魅了されました。そして、一生さんから「花火師ってなんかいいですよね?」と。おりしもコロナ禍で苦境に喘ぐ花火師さんたちの奮闘をニュースで見たばかりで……亡くなった父親と暮らす花火師の話が出来上がりました。

言うまでもなく屈指の演技者であるお二人に、CM界のトップランナーであり絶大なる人気をほこる本田翼さんが参戦! 脚本は昨年の同枠『モコミ』で向田邦子賞を受賞した橋部敦子さん。さあ、どうだっ! って感じです。土曜の深夜に、割とイイ大人たちが真剣に遊んでみようと思っています。真剣に遊ぶって、大変です!

<第1話あらすじ>

2022年・夏。新型コロナが収束しないため、夏の花火大会は中止となり、望月星太郎(高橋)と航(橋爪)の花火師親子は今年も暇になりそうだ。大規模な花火は上げられないものの、個人がオーダーする花火を始めようと、航は星太郎に何度か提案してきたが、星太郎は個人花火となると、料金設定、HPの宣伝……色々とやらないといけないことがある。

そして、特定の個人に満足してもらうためには、客との事前の綿密なコミュニケーションも必要であることなどから、乗り気ではなかった。やがて、星太郎はいつものように、朝食の片づけを終えてから作業場に向かった。すると、航が倒れており、「すまん」という言葉とともに、息を引き取るのだった。

そして、冬――。1人となった星太郎のもとに、「あなたのためだけに花火を打ち上げます」と書かれた手書きのチラシを手にした水森ひかり(本田)が訪ねてくる。彼女は花火を上げてほしいと星太郎に頼むのだが……。