ビビる大木 芸能界の「『変なポジションにいる』って言われる(笑)」これまでの活動を振り返る
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

11月12日(土)放送のお客様は、お笑い芸人・ビビる大木さん。ここでは、朝の情報バラエティ番組「ラヴィット!」(TBS系)で共演している川島と、芸能活動を振り返りました。


ビビる大木さん


1974年生まれ、埼玉県出身の大木さん。1995年に芸能事務所「渡辺プロダクション」(現・ワタナベエンターテインメント)に所属し、お笑いコンビ「ビビる」として活動。「こんばんみ」などのギャグで注目を集め、お笑いコント番組「笑う犬の冒険」(フジテレビ系)などに抜擢。2002年にコンビを解散してからは、「ビビる大木」としてピン芸人に。その後も、数多くのテレビに出演し、現在は、朝の情報バラエティ番組「ラヴィット!」(TBS系)の火曜レギュラーとして、川島と共演しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:ビビる大木さん


◆「ラヴィット!」共演者 麒麟・川島×ビビる大木 ラジオ対談

大木:川島くんとは毎週火曜日に「ラヴィット!」でお世話になっています。

川島:こちらこそです。大木さんとは、「ラヴィット!」で共演するまでは一緒に仕事をする機会はそこまでなかったと思います。(大木さんは)僕らより1個先輩の世代なので。

大木:(川島とは)年齢差が5歳あって、48歳。

川島:僕は43歳ですけども、自分が物心ついた頃からテレビに出ていたような(笑)。

大木:そんなわけないでしょ。井森美幸さんみたいに言わないでくれる(笑)?

川島:巨泉さんの「クイズダービー」(TBS系)とかに……?

大木:出てないよ(笑)!

川島:(笑)。一番不思議な芸人さんですよ。

大木:それね、昔から言われんのよ。「変なポジションにいる」ってずっと言われる(笑)。

川島:僕らからしたら、ずっと芸能界にいるイメージなんですよ。

大木:そうでもないんだけどねえ。ブレイクがないままずっときている感じ。その辺を井森さんがすごく共感してくれんのよ。

川島:ご自身のなかの代表作は?

大木:「笑う犬の冒険 SILLY GO LUCKY !」(フジテレビ系)とか「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」(フジテレビ系)に出させてもらったとかはありますね。そのなかで一番後輩みたいなポジションでいっぱい出させてもらった感じです。

川島:「M-1」とかが出てくる前の話ですもんね。賞レースに優勝したということでもなく?

大木:なくだね。(芸人を)20歳から始めて、運よく22歳ぐらいから仕事があったの。若手でコント番組を作る関東ローカルがあって、そこのオーディションに受かった。まだコンビ(スープレックス)だった「劇団ひとり」がいたね。そのときにみんなと出会って同じ若手として一緒に活動していた。

川島:最初はネタで評価されたということですよね?

大木:そうだね。

川島:そこからですから、本当に息が長いですね。

大木:不思議だね。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee、Spotify)も配信中です。

次回12月3日(土)のお客様は、吉田明世さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/