プロレスラーは“ナルシストでロマンチスト”!? 拳王「俺は“自分のことしか考えてない”くらいのスタンスだよ」
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。11月15日(火)のお客様は、プロレスリング・ノアの拳王さんと東京03・豊本明長さん。ここでは、後輩への指導や試合後のルーティンなど、豊本さんの質問に拳王さんが答えました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

豊本明長さん、拳王さん

◆「観客の反応は気にしないと」(拳王)

豊本:拳王さんは、後輩にどれくらい教えたりするんですか?

拳王:俺はまったく教えないね。

豊本:もう全然ですか?

拳王:もうノータッチ。人に興味がないから、教える気もない。

豊本:(笑)。自分にしか興味がないですか?

拳王:そう。

豊本:ナルシストでロマンチストなんですね。

拳王:うるせえわ! なんでそうなるんだよ(笑)。でもプロレスラーは大体そうなんじゃね? みんなそれを公にしないだけで。俺は“自分のことしか考えてない”くらいのスタンスだよ。

豊本:なるほど。じゃあ、自分の試合とかを見返すときに“俺、かっこいいなぁ~!”って思ったりするんですか?

拳王:そんな“カッコいいなぁ”とか思いながら観てはいないけど(笑)、やっぱり自分の試合は観ないといけないよね。それでしっかり反省して。

豊本:試合中って“客が沸いたなぁ~!”って感じるものなんですか?

拳王:そりゃ分かるよ。(技を出して)反応があったらうれしいじゃん?

豊本:でも、試合中にそこまで視野を広げることができるんですか? 戦いながらだと、僕らの感覚とは違うような気がして。

拳王:いや、プロだから観客の反応は気にしないといけないよね。

豊本:そうなんですね、やっぱりお客さんは大事ですもんね。しかも、試合後は映像を見返して“技のつなぎ方はこうしたらいい”とか、いろいろ反省されるんですね。

拳王:そうだね。“ずっと攻めたほうが良かったな”とか“相手の技の受け方をミスったな”とか。

豊本:真面目ですね。

拳王:うん……真面目。

2人:ハハハ(笑)。

本日12月1日(木)のお客様は、フォーリンラブ・バービーさん×南海キャンディーズ・しずちゃんがご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>

番組名:TOKYO SPEAKEASY

放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00

番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/