千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲&小島和哉 チームメイトで気になる「すごい!」選手とは?
山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」(毎週月曜~木曜13:00~14:55)。11月29日(火)の放送では、プロ野球・千葉ロッテマリーンズの安田尚憲(やすだ・ひさのり)選手と小島和哉(おじま・かずや)投手が登場。ヒーローインタビューで「一番つらいこと」や注目しているチームメイトなどについて話しました。

(左から)安田尚憲選手、パーソナリティの山崎怜奈、小島和哉投手

この日、番組にはファンからたくさんのメッセージが寄せられ、選手の登場曲について「普段はどんな曲を聴いている? 来年の登場曲をどれにしようかすでに考えている?」との質問に、小島投手は「最近は、ちょっと前の流行の曲、例えばZARDなどを聴いている」と回答。安田選手は「僕も90年代の曲は大好き。そのなかでも一番はミスチル(Mr.Children)です」と答えます。

れなちが「登場曲を選ぶときに、先輩と曲やアーティストがかぶって変えることは?」と問うと「アーティストがかぶるのは平気ですが、曲がチーム内でかぶってしまうのは……」と小島投手。“曲かぶり”を避けるために、球団の公式サイトで各選手の登場曲をチェックしているとの裏話も。

登場曲は1試合ずつでも変更が可能で、安田選手は「いたずらで変えられてしまうときもあります。『24時間テレビ』(日本テレビ系)でおなじみの楽曲『サライ』を突然流されたときにはびっくりした。観客も笑っていた(苦笑)」と振り返ります。

ちなみに、今の安田選手の登場曲は、Mr.Childrenの「足音 ~Be Strong」、小島投手は嵐の「Power of the Paradise」です。

野球はあまり詳しくないというれなちが、「試合後のヒーローインタビューは『今日は自分だな』とある程度わかるものですか?」と尋ねると、安田選手は「ある程度はわかります。9回裏の守備中に『俺かな。何を話そうかな』と考えている自分がいる(笑)」と答え、小島投手から「試合に集中してよ!?」と突っ込みを受ける一幕も。

安田選手によると、ヒーローインタビューで一番つらいのは、「笑いを求められるとき」。小島投手は「僕は無難に定型文で(答える)」と話しました。

また、この日の番組テーマが「スポーツ選手のこんなところがすごい!」ということもあり、チームメイトで気になる選手を聞かれた安田選手は、松川虎生(まつかわ・こう)捕手の名をあげました。松川捕手はプロ通算年がまだ1年で、10月に19歳になったばかり。しかしながら「ドッシリとしていて、僕よりも年上なんじゃないと錯覚するほど」と言います。

小島投手は、迷うことなく佐々木朗希(ささき・ろうき)投手と即答。「年下だけど、持っているポテンシャルがすごいし、球がとにかく速い。すごいとしか言いようがない」と絶賛。安田選手も「なかなか打てないですね」と同意していました。

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/