楠木ともり 声優になっていなければ…?「ガチャガチャの中身を企画する仕事がしたかった」
ラジオの中の学校、TOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。11月29日(火)の放送は、声優でシンガーソングライターの楠木ともりさんがゲスト出演。パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とぺえ教頭が、音楽や声優の道を志したきっかけなどを聞きました。



楠木ともりさんは、声優としてテレビアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のレン役、『遊☆戯☆王SEVENS』の霧島ロミン役、『チェンソーマン』のマキマ役などを担当。アーティストとしては2020年にソロメジャーデビューし、これまでに4枚のEPを発売しています。



こもり校長:今夜のSCHOOL OF LOCK! は、この方とともに授業をしていきます!

楠木:みなさんこんばんは! 声優と歌手をしております、楠木ともりです! よろしくお願いいたします。

こもり校長:よろしくお願いします! 初めまして! お若いですね~、フレッシュ!

ぺえ教頭:ピチピチだし、お風呂入ったらまだ水はじくでしょ?

楠木:(笑)。


◆「ガチャガチャの中身を企画する仕事がしたかった」

こもり校長:楠木先生は、アーティスト活動では作詞作曲もされるとか? すごいですね!

楠木:はい、そうなんです。好きにやらせていただいてありがとうございます、みたいな気持ちで(笑)。

ぺえ教頭:多彩ね。

こもり校長:グッズのデザインもされているとか?

楠木:そうですね。絵を描くのが好きで、声優をやっていなかったらデザインとか商品開発みたいな仕事をしたかったんです(笑)。

ぺえ教頭:商品開発?

楠木:ガチャガチャの中身を企画する仕事がしたかったんです(笑)。

ぺえ教頭:ピンポイントね(笑)。

楠木:そういうのが好きなので、グッズとかもやらせてもらっています。



◆「音楽はずっと好きです」

こもり校長:音楽はいつからやっているんですか?

楠木:小学校から吹奏楽というか金管楽器をしていて、高校生から軽音楽部に所属してバンドをしていました。

こもり校長:楽器は何をやっていたんですか?

楠木:吹奏楽ではトランペット、軽音楽部ではボーカルをしていました。習い事では、3歳からピアノをやらせてもらっていたりとか。幅広く楽器に触れる機会があったので、音楽はずっと好きですね。

こもり校長:しかも……我らの(番組レギュラーの)LiSA先生もお好きだと?

楠木:はい! 好きです! 10代のころからめちゃくちゃ聴いていて、落ち込んだときなどに元気をたくさんいただきました。

ぺえ教頭:2週間くらい前にLiSA先生がゲストで来たとき、ちょうどその席に座ってましたよ。

楠木:ええっ! テーブル触っちゃった!

こもり校長:ホンモノのファンだ……!

ぺえ教頭:(笑)。


◆声優は「やってみたいな」が重なって

こもり校長:声優の道を選んだきっかけは?

楠木:なんで選んだか? と聞かれると難しいんですけど、まず中学生のときに友達の影響でアニメにハマったんです。そこから声優という職業を意識して、たまたま友達に同じく声優志望の子がいて一緒に頑張れたから……という理由だけかもしれないです。

「○○だから声優になるんだ!」という意識はないまま「やってみたいな」が重なって今に至る、という感じです。

ぺえ教頭:直感とタイミングの人、って感じがするね。

楠木:まさしく、そうですね。

こもり校長:たしかに。でもそこを突き進めるのも才能ですよね。

楠木:ありがとうございます。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、ぺえ教頭
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/