乃木坂46・齋藤飛鳥ラストシングルの新ビジュアルが公開、東京スカイツリーによる視覚効果も

乃木坂46は、12月7日(水)に発売される31stシングル「ここにはないもの」における、選抜メンバーの最新アーティスト写真を公開した。

【別カット】齋藤飛鳥がアパレルショップで試着を手伝う姿、ほかMV場面カット【10点】

「ここにはないもの」は、グループの卒業を発表している1期生・齋藤飛鳥のラストシングル。乃木坂46結成10周年のスペシャルアートワークを撮影した、太田好治が楽曲のカメラマンを担当する。今回公開されたアーティスト写真はこれまでの歩みと、次なるステージへの両方が感じられるビジュアルをコンセプトに制作された。

写真では、東京スカイツリーをシンメトリーの空間に演出することで、グループの後方に希望の道が続いているような視覚効果を狙った。また、東京の夜景を映すことで、乃木坂46のこれまでのアートワークとは一味違うビジュアルとなっている。

【あわせて読む】乃木坂46 齋藤飛鳥ラストシングルのMVが公開、直筆の「いってきます」が全てを物語る