『千銃士R』絶対高貴・絶対非道を隅々まで表現!ファン必見の腕時計

人気スマートフォンゲーム『千銃士:Rhodoknight』より、貴銃士たちが見せる ”絶対高貴” ・ ”絶対非道” を隅々まで表現した2つの腕時計が登場。普段使い、鑑賞用どちらでもオススメのデザインをチェックしよう!

スマートフォンゲーム『千銃士:Rhodoknight』は、圧政を敷く「世界帝」に対し、レジスタンスと古銃から呼び覚まされた「貴銃士」たちが立ち向かう『千銃士』の完全新作アプリ。

『千銃士:Rhodoknight』は『千銃士』の数年後の世界を描いており、「世界帝」が打ち倒された後に各国が競って貴銃士を呼び覚ます時代、フィルクレヴァート士官学校の生徒であるプレイヤーの ”あなた” が謎の人物に襲撃される……というストーリーから始まる。

カッコいい貴銃士が大勢登場するその大人気作から、作品の世界観を詰め込んだ2種類の腕時計が登場!

”絶対高貴” とは、古銃の貴銃士が目覚めることのできる特別な状態。その高貴な力は ”あなた” が持つ貴銃士を目覚めさせるための「薔薇の傷跡」を浄化する力がある。

”絶対高貴” をイメージした腕時計でまず目に飛び込んでくるのは、盤面で光り輝く ”絶対高貴” のシンボルマーク。さらに、 ”12” のインデックスのところに作中の「戴冠式」にちなんだ王冠とクリスタルガラスがあしらわれ、『千銃士:Rhodoknight』の雰囲気が感じられるようデザインされている。

また表面のガラス蓋には花びらの模様が刻印してあり、クラシカルで上品な雰囲気が漂うデザインに仕上がっている。

一方で ”絶対非道” は、現代銃の貴銃士が目覚めることのできる特別な状態。 ”絶対高貴” が浄化の力だったのに対して、 ”絶対非道” は強大な力を手にする代わりに ”あなた” の生命力を消費してしまい、「薔薇の傷跡」を進行させるというものだ。

そんな ”絶対非道” をイメージした腕時計は、 ”絶対高貴” と同様に「戴冠式」をイメージした王冠とクリスタルガラス、シンボルマークのほか、 ”絶対非道” の腕時計では表面のガラス蓋に ”弾痕” を刻印。無骨ながらどこか哀愁を感じさせる……そんな洗練されたデザインになっている。

また、時計針には蓄光シールを使用。暗闇で光る仕様になっており、現代銃の ”らしさ” が詰まっている。

どちらも腕時計の裏側には、『千銃士:Rhodoknight』のタイトルロゴが。

細かなところにまで作品の世界観が盛り込まれた腕時計は、まさに『千銃士:Rhodoknight』づくしの逸品だ。

そして、今回発売となる『千銃士:Rhodoknight』のグッズの見どころは、腕時計本体だけではない。

最後に紹介するのは、腕時計本体をしまっておくための専用化粧箱。

まずは色に注目。専用化粧箱の外箱は上部がブラック、下部がグレー。そして、内装には赤色と3つの色が採用されている。この3色は、『千銃士:Rhodoknight』のタイトルロゴで使用されている色と同じだ。

専用化粧箱は色にまでこだわった上、腕時計本体を平置きできるようになっているので、お部屋の中で飾るのにもオススメ!

本体、専用化粧箱の隅々にまで『千銃士:Rhodoknight』のイメージをあしらった腕時計。普段のファッションに合わせてお出かけしたり、自宅のラックなどに飾って眺めたりして、いつでもどこでも『千銃士:Rhodoknight』の世界観を味わおう!

>>>腕時計デザインや着用イメージを見る(写真13点)

(C)Marvelous Inc.