『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』本予告解禁!

2022年12月23日公開予定の映画『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』の本予告が解禁となった。英寿×一輝×バイス、”小悪魔” ツムリ× ”ブラック” ジョージ・狩崎の新カットも公開されている。

『仮面ライダーリバイス』は、主人公の五十嵐一輝が大切な家族を守るため、一輝自身に宿る悪魔のバイスと契約を結ぶことで、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身。人間と悪魔がバディを組んだ「一人で二人」の最強コンビの仮面ライダーが戦う姿を描いた、仮面ライダーの生誕50周年記念作品。

『仮面ライダーギーツ』は現在放送中の令和仮面ライダー第4作目。仮面ライダーギーツに変身する浮世英寿を中心とした物語だ。

「厳正なる審査の結果」選ばれた一般の人々が仮面ライダーに変身、正体不明の存在「ジャマト」から町の平和を守る生き残りゲーム「デザイアグランプリ」に身を投じる。勝者には「自分の理想の世界を叶える権利」が与えられるが、戦いで命を落とすとこの世から消滅してしまう。

『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』は、リバイス本当の「最後の物語」から始まる第1部、ギーツ×リバイス共演による最悪のゲームへと突入する第2部で構成。

「ジェネレーションズ」シリーズとして作品の垣根を超えてクロスオーバーしてきた冬季の劇場版仮面ライダーが、今作から装いを新たに、そしてかつての「MOVIE大戦」からさらに進化を遂げた「シームレス2部作構成」で両作品ヒーロー達が大躍動。激戦となるこのゲームを制し最後に勝つのは誰か? 勝者が叶える願いとは。ヒーローたちが大スクリーンで魅せる、いまだかつてない衝撃のバトルロワイヤルゲームは必見だ。

今回は衝撃のバトルを収めた緊迫感漂う本予告映像が解禁。

「何者かに世界を作り変えられた可能性がある」という衝撃的な一言で幕を開け、仮面ライダー同士による大激戦をとらえた同映像。デザイアグランプリに招集された浮世英寿(簡秀吉)たちに待ち受けていたのは、何者かによって作り変えられた新たなゲーム「デザイアロワイヤル」。

怪しい人物によるゲーム開始の合図とともに映し出されるのは、緊迫した様子で駆け抜けるジャンヌやバッファ。さらには大二(日向亘)、さくら(井本彩花)、ジョージ・狩崎(濱尾ノリタカ)、夏木花(浅倉唯)、玉置豪(八条院蔵人)らが一斉に変身し、何者かと繰り広げる激しいバトルの数々。そして仮面ライダー龍騎、ナイト、王蛇、リュウガらレジェンドライダーたちも加わり、「この戦いに正義はない」という衝撃のナレーションに乗せ、生き残りをかけたライダーたちによる熾烈な戦いが収められている。

「何があってもゲームクリアは譲れない」(英寿)と宣言し対峙するギーツとリバイス、妖しく微笑むツムリとジョージ・狩崎、そして炎の中倒れ込む一輝……。「仮面ライダーギーツ」VS「仮面ライダーリバイス」VS「仮面ライダー龍騎」の時代を超えた壮大なバトルゲーム、前代未聞の大激戦を制し最後に勝ち残るのは誰か!?

劇場でしか見られない、頂点の座と生き残りをかけた「史上空前のライダーバトルロワイヤル」は一瞬たりとも目が離せない。

新たに公開された場面写真では英寿と一輝、そしてバイスが集結。シリーズの垣根を超え、変身ポーズを決める3人の腰にはなぜかデザイアドライバーが!? 英寿のみならず、一輝、バイスまでもデザイアドライバーで変身する姿を見ることができるのか!? そして一体どんなフォームへと変貌を遂げるのか、ますます期待が高まる。

そして予告映像にも登場していた不敵な笑みを浮かべるブラックジョージ・狩崎と小悪魔ツムリの新カットも公開。いつもと様子が違う彼らの目的とは……? その理由は、ぜひ劇場でお確かめいただきたい。

さらに2022年12月2日(金)からはプレミア前売券の発売がスタート。公開された新カットでも披露されているバイスのデザイアドライバーに装着された「仮面ライダーバイスIDコア」が特典に決定した。別売りの「DXデザイアドライバー」にセットして遊ぶことも可能。ファンにはたまらない貴重なアイテムもゲットできるこのチャンスを、ぜひお見逃しなく!

『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』は、12月23日(金)より全国ロードショー。

>>>『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』ブラックジョージ・狩崎と小悪魔ツムリのカットなどを見る(画像4点)

「ギーツ/リバイス」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映