スマートルームミラー前後ドラレコ付き H63S Pro 画像1

 ミラー型ドライブレコーダーを数多くラインアップする自動車用品メーカー・ジーファクトリー(愛知県刈谷市)は11月25日、ハイスペックモデルのスマートルームミラー前後ドラレコ付き「H63S Pro」を発売開始した。価格は46,200円(消費税込)。


前後カメラ+車内カメラ全てが独立したカメラのキット構成 3カメラ同時録画可能



スマートルームミラー前後ドラレコ付き H63S Pro 画像2

 「H63S Pro」は前後カメラ+車内カメラ全てが独立したカメラのキット構成で、走行中の3カメラ同時録画が可能だ。




スマートルームミラー前後ドラレコ付き H63S Pro 画像3

 11.8インチの大画面で画面解像度が1920×440と高く画面が綺麗であると同時に、バイザーの干渉しにくい台形デザインとすることで実用性と大画面を両立しているのもポイントだ。




 3カメラはすべて、車種に合わせて任意の位置に取付できる分離カメラを採用。
 フロントカメラはGPSアンテナを内蔵した一体タイプ、車内カメラは暗闇の録画もできる赤外線カメラ、リアカメラは車内、車外両対応できるIP67防水カメラで適材適所にあわせたカメラを採用している。


赤外線カメラ搭載で夜間の車上狙いもしっかり録画



スマートルームミラー前後ドラレコ付き H63S Pro 画像4

 走行中は、後方確認のデジタルミラー+高画質ドラレコとして使用。デジタルミラーに慣れない人は、ミラー(鏡)状態のまま録画機能のみをONにすることも可能だ。
 純正ミラーから切り替えても同じような見え方を調整できるズーム機能を搭載で、画面右端を指で上下にフリックすれば、シームレスな拡大縮小が可能となっている。




スマートルームミラー前後ドラレコ付き H63S Pro 画像5

 駐車中は、車両バッテリーから電源供給しながら、業界最長の48時間タイムラプス録画が可能で、夜間の車上狙いもしっかり録画する赤外線カメラを搭載。録画中は車両バッテリーをモニタリングしながら、設定した電圧になると電源供給を自動的にストップする安心の保護機能も搭載している。


製品概要



スマートルームミラー前後ドラレコ付き H63S Pro 画像6

・商品名:スマートルームミラー 前後ドラレコ付き H63S Pro
・価格:46,200円(税込)
・画面サイズ:11.8インチ フルスクリーンIPS液晶(画面解像度1920×440)
・フロント/リアカメラ解像度:2K(2560×1440P)SONY STARVIS搭載
・車内カメラ解像度:FullHD(1920×1080P)赤外線カメラ
・動作電圧:DC12V
・対応メモリーカード:microSDカード8~128GB対応(高耐久64GB付属)
・取付方法:純正ミラーに被せて取付。リアカメラ車内、車外両対応