『REVENGER』原案・構成は虚淵玄! EDは坂本真綾が担当

2023年1月5日(木)より放送開始となるTVアニメ『REVENGER』のPV第3弾が解禁。さらにスタッフ&EDアーティスト情報が公開となった。

現実とは少しだけ異なる歴史を辿った長崎を舞台に、力なき人々の復讐を代行する殺し屋・リベンジャーの活躍を描くオリジナルアニメ『REVENGER』。

ニトロプラスと松竹がタッグを組んだ本作は、現在公開中のPVからも往年の時代劇ドラマを思わせるアダルトなムードが漂っており、異色のアニメシリーズとして期待が膨らんでいる。

スタッフには、『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』など、緻密に練られた世界観に、観る者の心揺さぶる人間ドラマを生み出してきた虚淵玄(ニトロプラス)が、本作で約10年ぶりにTVアニメのストーリー原案・シリーズ構成を担当。

監督は、『忍たま乱太郎』シリーズや『怪物事変』など、熟練の演出で魅せる藤森雅也。

アニメーション制作は亜細亜堂、キャラクターデザイン原案には鈴木次郎、憂雨市、キャラクターデザイン・総作画監督には細越裕治と、数々の人気作品で実績を残してきたスタッフ達が名を連ねる。

ストーリー原案・シリーズ構成の虚淵玄からは「今回の『REVENGER』は策略や小細工を一切抜きに、久々にド真ん中狙いの剛速球ストレートを投げられた素晴らしい現場でした。視聴者の皆様のミットにバシッと音を立てて届くことを願っています!」、監督の藤森雅也は「何しろシナリオが濃密で面白く、コンテを切るのが楽しくてたまりません。利便事シークエンスの容赦ないテンポ感の気持ち良さ、根底にある無常感、そして利便事屋たちがふと見せる優しさをぜひ堪能して下さい。」とのコメントが到着した。

さらに、坂本真綾による『un_mute』(アンミュート)が『REVENGER』のEDテーマに決定!

豪華スタッフ・アーティストが贈るTVアニメ『REVENGER』に引き続き注目だ!

>>>新規場面写真やアーティスト写真を見る(写真8点)

(C)REVENGER製作委員会