新婚4日目の西野未姫が結婚発表後初の生出演、結婚秘話をじっくり明かす

毎週日曜正午より「ABEMA NEWSチャンネル」で生放送されている『ABEMA的ニュースショー』。11月27日(日)の放送では、元AKB48でタレントの西野未姫が結婚発表後、初となる生放送に出演。結婚4日目の西野を、番組MCを務める千原ジュニアや共演者たちが祝福した。

【写真】結婚秘話を語る西野美姫、ほか番組カット【4点】

今年の4月にお笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱と交際をスタートさせた西野は「元々みんなでご飯を食べに行く関係で、仲は良かった。山本さんは『お仕事の方』という感じで、仕事の相談に乗ってもらっていた」とした上で、「3月から2人でご飯を食べに行くようになったけど、その前から山本さんは猛アピールをしていたみたい。

後から聞いたら、『あれは確かにアピールだったかもな』と心当たりがある。例えば、頻繁にご飯を誘ってきたり、私がウサギのLINEスタンプを送ると、同じウサギのLINEスタンプを買って返信してきたり…」と明かすと、千原ジュニアは「おっちゃん必死やん!」と、微笑ましい光景に思わずツッコミ。

続けて、西野は「3月に2人でご飯に行った時に、『頭から西野のことが離れなくてずっと考えちゃうんだよ』と言われて、今まで積み重ねていたアピールは本当なんだと気づいた。でも、付き合う覚悟がまだなかった。4月に“軍団山本”の会に行き、田村淳さんや遠藤章造さんの前で『西野のことがめちゃくちゃ大好きなんだよね』と言われた時に、軍団山本のみなさんから『山さんが俺らの前で女の子に“大好き”って言ったことないんだよ』と言われた。その時、山本さんの真剣さに気づき、付き合うことを決めました」と告白した。

結婚までの道のりについては、「山本さんは付き合った当初から結婚を前提としていたけど、私は『23歳で結婚は早いのかな?』と思っていた。でも、その後1ヶ月くらいで『この人と結婚するのは確定してるな』と思った」と明かした上で、「会話の途中で『じゃあ結婚してください!』みたいなふざけまじりのプロポーズが50回くらいあった。私も結婚する気持ちでいたから、そのままの流れで『じゃあ11月22日の“いい夫婦の日”に結婚しよう』という感じで、これといったプロポーズはない」と語った。

また、千原ジュニアは山本から結婚報告があったことを激白。「留守番電話に『山本です。報告したいことがある』と、めちゃくちゃ声を張って吹き込んでいた。山本さんとは、電話をしたことがないし、そもそも喋ったことも数回しかない。だから、YouTubeの企画で俺に電話をしたのかな?と思っていたけど、カメラは回っておらず、ただただ浮かれて声を張っていただけだった(笑)」と明かし、笑いを誘った。

西野は「私がよくこの番組に出ていると知っているので、ジュニアさんに事前に電話するって言っていた」と応じた。

さらに、千原ジュニアが「共演する夫婦と共演しない夫婦がいるけど、どうする?」と質問すると、「共演したいです。私は2人で地上波出たい」と今後の展望を語り、プライベートについては、「これまでは周りの目を気にしてデートができなかったから、デートしたい。山本さんはオジさんなので、あまり興味がないみたいですけど…」と期待を膨らませた。

2人の間のルールについては「付き合った時から位置情報を交換している。『近くにいたら車に乗せてもらおう』とか『もうすぐ帰るからご飯炊いておこう』とか、便利。束縛じゃなくて便利だからやっている」と話した。

また、「山本さんは私の仕事に関して口出ししてこない」と語ると、千原ジュニアは「いいですね!もし、俺の奥さんや奥さんの家族がトークの内容について指摘する人だったら、『これ言ったらヤバイかな?』と言葉を呑んでしまう。ウチもそれがオールオッケーだから何でも言える」と2人の関係を絶賛した。

さらに、VTRでは西野の実弟である一海と成真が出演し、結婚の裏話を明かした。自分よりも6歳年上の山本と結婚することについて、西野の父親は「『めちゃ×2イケてるッ!』の世代で、山本さんと交際していることを知った時は喜んでいた。父は、家では『けいちょん』と呼んでいるけど、山本さんの前では『山本さん』と呼んでいる」と心の底から祝福していることを伝えた。

【あわせて読む】元AKB48・西野未姫、現役時代の楽屋格差を振り返る「選抜メンバー以外はぎゅうぎゅう」