2試合連続フル出場となった板倉 [写真]=Getty Images

 日本代表は27日、FIFAワールドカップカタール2022のグループE第2節でコスタリカ代表と対戦。終盤の失点で0-1と敗れ、1勝1敗とした。

 試合後、ドイツ戦に続いて2試合連続フル出場した板倉滉は、「想像以上にインテンシティは高かったと思うし、それを想定して試合には入っていました。ディフェンスの僕としては最後のところでチャンスを作らせていなかったし、そこまで嫌な感じもなかった。ゼロで推移していくことでチャンスが来ると思っていたし、それを信じて後半もやり続けていましたけど。あの1本のシュートでやられてしまう。これがサッカーかと。我慢してゼロで抑えたかった思いは強い」と率直な感想を口に。

 特に前半、コスタリカがコンパクトに中央を閉めるだけでなく、日本側にもイージーミスが頻発するなど、なかなか攻撃の形を作れず、DFラインからの縦パスも多くはなかった。自身は「フリーで持てる状況が多かった」としつつ、「その分(コスタリカの)後ろがコンパクトで、縦パスを出せたシーンはありましたけど、その後がないと判断して止めたシーンもあった」と、タイトな守備を崩すには至らなかった理由を挙げ、「縦パスを入れられなくても、テンポよく左右に回すことで相手の体力も消耗していきますし、縦パスを入れるチャンスは逃したくないと思っていましたけど、自分のところだけでなく、サイドから出せるチャンスもある。テンポよく動かしながらうかがおうと思っていました」と振り返った。

 試合途中から相手に噛み合わせる形で3バックに移行。「ブレずにできたと思います。後半開始から相手が引き込もうとしていることはすぐに見えたので、リスク管理をしつつ、1本決められればいいなと思っていた」「チャンスは何本かあったと思うし、決めきる力があればもちろんよかったですけど、ディフェンスの僕からすると、その1本を逆にやらせてしまったところが今回の負けた要因。ゼロで推移していれば、チャンスがあったと思うので、そこは悔しいですけど、これで終わったわけではないので」と守備陣として失点を悔いつつ、次戦へと切り替えている。

 自身はワールドカップ直前のリーグ戦で負傷から復帰。大会は2試合連続フル出場となっている。「(疲労や消耗は)全然問題ないし、次の試合まで3日あるのでリカバリーもできます。次が勝負というのは全員がわかっているので、疲労がどうこうと言っていられないですね」と話し、12月1日に控えるスペイン戦へと向かう。