若月佑美、ドラマ『ワタシってサバサバしてるから』で“自称サバサバ女”丸山礼の同僚に

若月佑美が、2023年1月9日(月)放送開始のNHK夜ドラ『ワタシってサバサバしてるから』に出演することが決定した。今回、撮影現場でのオフショットが公開されれた。

【関連写真】爽やか笑顔が眩しい若月佑美の撮り下ろしカット【16点】

2020年にネットコミックとして連載されるやいなや、瞬く間に人気を獲得したコメディ漫画『ワタシってサバサバしてるから』。1月から始まるドラマ版では、出版社で働く“自称サバサバ女”の主人公・網浜奈美をものまねタレント/人気YouTuberとして引っ張りだこの丸山礼が演じることでも話題を呼んでいる。

ドラマは『笑う犬』シリーズや『ワンナイR&R』など多くのコント番組を手がけた伊藤征章氏が演出を担当し、各話15分、全20話の放送。個性的なメンバーと網浜が数々の爆笑騒動を繰り広げ、網浜はどんな窮地に陥っても、あきれるほどの自己評価の高さとポジティブ思考で困難を乗り越えていく。

仕事も恋もスマートにこなす”本物のサバサバ女”本田麻衣役をトリンドル玲奈、網浜の最強のライバルで網浜にそっくりな”自称サバサバ女”早乙女京子役を栗山千明、網浜が猛烈アタックする営業部のエース・山城達也役を犬飼貴丈、アメリカの大手ネット通販会社CEO・ジェームズ役に栗原類、網浜の行きつけのスナックのママ役を山田真歩、謎の“お魚さん”(ナビゲーター)をアンミカが演じる。

若月佑美が演じるのは、網浜が勤める雑誌編集部の同僚・安藤晴香。綱浜の言動に振り回され、思わず心の声を漏らしてしまう素直な反応に共感をもてるキャラクターだ。

若月は「私が演じる安藤晴香は網浜さんに鋭く突っ込んだりして迷惑がっている割に、網浜さんの言動や行動につい笑ってしまって網浜さんのことをなんだかんだ好きな同僚です。視聴者の皆さまもなかなか最初は何だこの人!と思うかもしれませんが、網浜さんの力強い生き方が一周回って面白くなってくると思うので、是非楽しんでいただけたらと思います」とコメントしている。

【あわせて読む】若月佑美、新春プレミアムドラマ『家電侍スペシャル ストップ!忠臣蔵』に出演決定