令和のエロラブコメディ『来世ではちゃんとします』3が放送決定、内田理央らが続投

ドラマ『来世ではちゃんとします3』が、1月4日(水)よりドラマParavi枠で放送されることが決定した。

【写真】令和のエロラブコメディ『来世ではちゃんとします3』出演キャストたち

本作の原作は『グランドジャンプ』(集英社)にて連載中のいつまちゃんによる同名作。2020年にドラマ化され、2021年にはシーズン2、2022年元日にはお正月初夢SPが放送された。

主演・内田理央が5人のセフレと関係を持つ性依存系女子を演じ、過激なテーマでありながら誰しもがどこか心にグサッと刺さるストーリーが話題に。ドラマ開始直後から止まらぬ爆進撃で20〜30代の女性を中心に大人気シリーズとしての地位を確立した。

物語の舞台はCG制作会社「スタジオデルタ」。そこで働く社員たちは全員が性をこじらせていた!性依存系女子、BLオタク、魔性のタラシ、処女厨、風俗ガチ恋...。性をこじらせ、生き方をこじらせ、それでも毎日をしぶとく生きていく。イマドキ男女のあらゆる性生活を全肯定する赤裸々エロラブコメディだ。

シーズン3では「まずは健全な関係から...」と付き合い始めた主人公・桃江と松田のその後を描く。性に奔放な人間同士の恋愛はうまくいくのか?さらにそれぞれのキャラクターたちの恋の行方や、愛らしいこじらせっぷりにも注目だ。

主人公・大森桃江役は、女優・モデルとして活躍する内田理央。恋愛に興味がないアセクシャルでBL好きな隠れ処女・高杉梅役は、女優としても注目を浴びている太田莉菜。無責任に女性を口説いてしまう魔性のタラシ・松田健役は若手を代表するイケメン俳優・小関裕太が演じる。

内田理央は「来世ちゃんが、シーズン1・2そしてお正月SPを経てまたまた帰ってきました!とてもとても嬉しいです。桃ちゃんは、あれからセフレ5人との付き合い方も変わって、新しい恋や新しい発見をしながら悶々とした毎日を送っています。相変わらずこじらせている登場人物たちのちょっと切ないほっこりエロラブコメディ!みなさんと、スタジオデルタのみんなに幸あれ」とコメントしている。

【あわせて読む】「もうちょっと失敗していこうと思った」鞘師里保が感じるようになった“自由”の形