『ULTRAMAN』FINALシーズン来春配信決定!衝撃のティザービジュアル解禁

アニメ『ULTRAMAN』のFINALシーズンが、2023年春に配信されることが決定! 原作者描き下ろし、衝撃のティザービジュアルが解禁となった。

2019年にNetflixで配信開始されて以来、日本のみならず海外のファンからも高い人気を獲得してきたアニメ『ULTRAMAN』。清水栄一×下口智裕の同名漫画を原作とした作品で、ウルトラマンが地球を去った後、新たなウルトラ戦士が地球に訪れなかった世界を舞台とし、かつてウルトラマンに変身した早田進の息子、早田進次郎が主人公となっている。

「第47回 アニー賞」でBest Direction - TV/Mediaにノミネート、「VFX-JAPANアワード2020」TV・配信番組アニメCG部門で最優秀賞を受賞するなど、国内外で高い評価を獲得。2022年4月に配信されたシーズン2も、全世界でスマッシュヒットを記録している。

今回発表となった情報は、10月6日(木)(現地時間)より始まったアメリカ東海岸最大のポップカルチャーの祭典「ニューヨーク・コミコン2022」に併せて、現地で世界最速で発表された内容。アメリカより招聘を受けた原作者の清水栄一氏・下口智裕氏が作品パネルへも登壇予定となっており、アニメの最新情報とともに、世界中のファンへ作品をアピールする。

ティザービジュアルは、同原作者の清水×下口両氏が描き下ろしを担当。シリーズを通して感じられたスタイリッシュさはもちろん、FINALシーズンならではの ”ダーク” な印象も併せ持つ仕上がりとなっている。

逆光の中で佇むULTRAMANからは、不気味さと儚さを感じられ、さらに、「さらば、我らの―」のコピーが添えられ、クライマックスに向けてどのような波乱の展開が待ち受けているのか、期待が高まるばかりだ!

本作でも引き続き、重厚なSF設定や多層的な人間ドラマのストーリーテーリングで国内外のアニメーションファンに絶大な支持を受けている神山監督と、日本におけるフルCGアニメーション映画の第一人者であり、CGメカニック・ガジェットのアクション演出で海外での評価も高い荒牧監督が続投する。

世界が注目する豪華クリエイターによる二人体制で手掛けられている『ULTRAMAN』が壮大なラストに向け、世界から始動する!

来年春の配信に向け、今後の続報に乞うご期待!

>>>FINALシーズンティザービジュアルを見る(写真2点)

(C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)ULTRAMAN製作委員会3