STU48、話題の8thシングル『花は誰のもの?』が史上最高の累計出荷枚数 約44万枚突破が決定

STU48が11月2日(水)に発売する『花は誰のもの?』劇場盤Extra Editionが、グループ史上最高の累計出荷枚数である44万枚を突破することがあきらかとなった。

【写真3点】劇場盤Extra Edition、初回盤Aジャケット写真

11月2日に発売予定の『花は誰のもの?』劇場盤Extra Editionの出荷枚数が確定し、自身が持っていた、コロナ禍直前にリリースされた4thシングル『無謀な夢は覚めることがない』の累計出荷枚数約40万枚を上回り、STU48史上最高の累計出荷枚数である44万枚を突破した。

コロナ禍によりコンサート、握手会など活動の縮小を余儀なくされた同グループ、音楽業界的にもCDの販売自体が非常に厳しいこの“アイドル逆境の時代”を乗り越えて達成した自己記録更新は、STU48の現在地に追い風が吹いていることを証明している。

また、そのジャケットが解禁となった。このジャケットは新たに撮り下ろされたもので、『花は誰のもの?』初回リリース時と同様、カメラは笹原清明氏、デザインは中野淳仁氏が担当。トライアングルセンターの石田千穂・瀧野由美子・中村舞が手で花を形作り、その花が3人を儚げに照らす……というSTU48のジャケットの中でも特にメッセージ性の高い作品となった。

劇場盤Extra EditionにはSTU48オリジナル新公演「花は誰のもの?」のために書き下ろされた楽曲『夏の“好き”はご用心』、『そして人間は無力と思い知る』がカップリングにて初CD化されている。また、オンライン個別お話し会、直接会ってお話しができる!「クリスマス個別お話し会」の追加開催も決定している。

8枚目のシングル『花は誰のもの?』は今年4月13日のリリースから、半年が過ぎその勢いはますます増してきたSTU48。USENでのロングランヒットや、ミュージックビデオ第3弾として公開されたダンスリリックビデオが300万回再生を突破、自身初となる『MUSIC STATION』を筆頭に数々の音楽歌番組への出演を果たした。

『花は誰のもの?』が持つ平和への力強いメッセージが、活動の幅を大きく飛躍させる原動力になっている。

【あわせて読む】STU48話題の平和を願うメッセージソング「花は誰のもの?」ダンスリリックビデオが300万再生突破