『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』に郷ひろみがゲスト出演、40年ぶり奇跡の対談

10月21日(金)放送の『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)に、郷ひろみがゲスト出演することが決定した。

【写真】郷ひろみと40年ぶりの再会を果たす松任谷由実

『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』は、今年、デビュー50周年を迎えた松任谷由実がパーソナリティーを務め、毎月豪華なゲストとともにトークを繰り広げている。

ユーミンが“今一番会いたい”ゲストとして、登場する郷ひろみは、今年8月に1972年のレコードデビューから50周年を迎え、先日通算108枚目のシングル「ジャンケンポンGO!!」をリリース、さらには現在50周年記念ツアー「Hiromi Go 50th Anniversary Celebration Tour2022~Keep Singing~」真っ只中。

1975年にリリースされ、名盤と高く評価されている郷ひろみ6枚目のオリジナル・アルバム「HIROMIC WORLD」の全曲の作詞を荒井由実が手掛けるなど、繋がりのある2人だが、実はほとんど会ったことがなく、約40年ぶりの再会になるという。じっくり話すのは今回が初めてとなり、長く第一線で活躍する2人が、50周年を迎えたタイミングで奇跡の対談が実現した。

番組では、ユーミンと郷ひろみが「50年」をキーワードに、長く活躍する秘訣や苦悩など、同じ時代に50年を駆け抜けてきたアーティストとして1対1のトークが生放送される。さらに先日リリースされた松任谷由実50周年記念ベストアルバム「ユーミン万歳!」にまつわる秘話や、そのプロモーションで出演するたびに話題になっている、ユーミンのテレビ出演に関する話も語られる予定だ。

松任谷由実は「約40年ぶりの再会。お互い歩んできた道を思うと、感慨深いったらありゃしない!」、郷ひろみは「ボクから見たらユーミンは“先生” 。ヒロミックワールドを全曲作詞してくれている方だし、一貫して生きている姿勢を貫いているから。デビュー当時と現在で『音楽』に対しての考えは変わったかなど、色々お話したいですね」とコメントを寄せている。

【あわせて読む】さらば青春の光・東ブクロが語るYouTube金塗りドッキリの裏側「近所では聖闘士星矢のバイクと言われて」