桑田佳祐「歌声が全然変わっていないことに驚きました」原由子の新曲を番組で披露
桑田佳祐がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのレギュラー番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」。10月1日(土)の放送では、サザンオールスターズのキーボーディスト・原由子さんの31年ぶりとなるオリジナルアルバム『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』(10月19日(水)リリース)から新曲をラジオ初オンエアしました。

桑田佳祐

この日は、「アルバムリリース間近! 原由子ナンバー・オールリクエスト」と題し、リクエスト企画を実施。

リスナーからは多くのリクエストが寄せられ、『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』に収録されている新曲「スローハンドに抱かれて(Oh Love!!)」(作詞:桑田佳祐、作曲:原由子)や9月30日(金)に先行配信されたユニクロ「スフレヤーンニット」TVCMソング「鎌倉 On The Beach」(作詞:原由子&桑田佳祐、作曲:原由子)、さらには、1991年発表のアルバム『MOTHER』の収録曲「ハートせつなく」(作詞:桑田佳祐、作曲:桑田佳祐、編曲:小林武史&桑田佳祐)をオンエア。

原さんにとって31年ぶりとなるオリジナルアルバムのレコーディングに立ち会ったという桑田は、「こんなに身近にいながら、原さんの(歌)声が全然変わっていないことに驚きました」と舌を巻きます。

また、大学時代に初めて原さんと会った頃の思い出話も。当時、大好きなエリック・クラプトンの楽曲をよくセッションしたそうで、「リズム感もめちゃくちゃいいし、上手いから」と桑田。

そんなキーボードの腕前もあって、フュージョン系のバンドから「うちに入らないか」と誘われることも多く、原さんはそうしたジャンルの人たちと音を奏でることもあったそう。桑田は、原さんが他のバンドに加入してしまわないか心配していたものの、「原さんが戻ってきてくれてね、うれしかったな~」と懐かしそうに話し、当時胸をなでおろしたことを明かしました。

そして、「オモタイキズナ」(作詞:桑田佳祐、作曲:原由子&桑田佳祐)のラジオ初オンエアに先立ち、桑田自ら同楽曲の歌詞を朗読。楽曲をオンエアすると、さっそくリスナーからは「大人の物語、2時間ドラマのような世界でかっこいい!」「洗練されたサウンドが現代っぽい」「カタカナだけのタイトルに、一体どんな曲なのか想像できず、初オンエアを待っていました。じわじわと胸に奥深く染み込んできて、すごく温かい曲」など、感想メッセージが続々と寄せられました。

また桑田は、この日訃報が飛び込んできたアントニオ猪木さんを偲ぶ場面も。猪木さんの入場テーマ曲「炎のファイター ~INOKI BOM-BA-YE~」をバックに、「長らく音楽の道を歩んできた私ですが、影響を受けたものは音楽だけにあらず、とりわけ昭和のプロレスに心を奪われ、そのど真ん中にいたのが、アントニオ猪木さんでした。私にとって永遠のスーパースターでございます。ご冥福をお祈りいたします」と追悼。

あらためて、「アントニオ猪木さんが、長い闘病の末にお亡くなりになりました。残念です。私の青春もこれで終わったような気がいたします。本当にまだ心が整理できないんですけど、こんな日がくるなんて」と肩を落とし、「猪木さん、本当に長い間、たくさんの夢をありがとうございました。どうか安らかにお眠りいただきたいと思います」とコメント。そして、長年敬愛してきた猪木さんへの思いを込め、自身のソロ曲「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」をオンエア。

エンディングでは「猪木さんがお亡くなりになって、私の青春は終わりました。でも明日から、猪木さんにいただいた闘魂を燃やして頑張りたいと思います。今夜は献杯だ」と語り、最後は猪木さんの代名詞である「1、2、3ダー!」で締めくくりました。

次回10月8日(土)の放送も、どうぞお楽しみに!

<番組概要>

番組名:桑田佳祐のやさしい夜遊び

放送日時:毎週土曜 23:00~23:55

パーソナリティ:桑田佳祐

番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/yoasobi/