『ブルーロック』第1話 最強のエゴイストを目指せ!入寮テストに挑む

2022年10月8日(土)から放送開始となるTVアニメ『ブルーロック』の第1話あらすじ、先行場面カットが公開となった。

『ブルーロック』は、累計発行部数1000万部を突破、第45回講談社漫画賞少年部門も受賞した、原作・金城宗幸、漫画・ノ村優介による大人気コミックス。

日本をW杯優勝に導くストライカーを育てるため、日本フットボール連合が計画したのは、 ”ブルーロック(青い監獄)” プロジェクト。集められたのは300人の高校生、そして全員FW(フォワード)。299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、日本サッカーに革命を起こすストライカーとは──?

今、史上最もアツく、最もイカれたサッカーアニメが開幕する!

第1話は10月8日(土)25時30分よりテレビ朝日系 全国24局ネット ”NUMAnimation枠” にて放送開始。

あらすじ&先行場面カットはこちら!

<第1話 「夢」>

全国高校サッカー選手権の県大会決勝。高校2年生のフォワード・潔世一は、ゴール前で味方にパスを出してしまったことによって全国大会への道を絶たれてしまう。

そんな彼のもとに ”ブルーロック(青い監獄)” への招待状が届く。それは、日本がW杯で優勝するため、300人の高校生世代フォワードの中から、たった1人の ”世界一のストライカー” となるエゴイストを作り出す施設だった。

何も分からぬまま狭い部屋に集められた潔たちは、12人から1人の脱落者を決める入寮テストへと挑む。

>>>第1話先行場面カットを全て見る(写真6点)

(C)金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会