「鬼滅の刃マンチョコ 遊廓編」!禰豆子と一緒に十字架天使も鬼に!

アニメ『鬼滅の刃』の登場人物たちが「ビックリマン」イラストになった「鬼滅の刃マンチョコ」(遊廓編)が登場。2021年9月の第2弾から約1年ぶりのコラボレーションで、2022年10月11日(火)にロッテから発売される。

『鬼滅の刃』キャラが「ビックリマン」風に描かれたシールに加え、『鬼滅』キャラと「ビックリマン」キャラの共演シールも収録される。

テレビアニメ「鬼滅の刃」とは、集英社ジャンプ コミックス1巻~23巻で累計発行部数1億5000万部を突破した吾峠呼世晴による漫画作品が原作。ufotableがアニメを制作している。

家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、《鬼殺隊》へ入隊することから始まる本作は、2019年4月よりテレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編の放送を開始、2020年10月には劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を公開、2021年から2022年にかけて、テレビアニメ「鬼滅の刃」 無限列車編・遊郭編が放送・配信され、刀鍛冶の里編のテレビアニメ化も発表された。

人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟、そして時折描かれるコミカルなシーンも人気を博し、国内のみならず、全世界で大きな話題となっている。

「ビックリマン」シリーズは1977年に第1弾が発売されたロッテのシール付きチョコレート菓子。当初のおまけは「こぼれたインク」などのいたずらで遊べる「どっきりシール」だった。1985年の「悪魔VS天使」シリーズが大ヒットし、シール系食玩の代名詞となった。アニメ化もされている。

近年は他作品とのコラボを積極的に展開しており、『鬼滅の刃』とのコラボは1年1カ月ぶりの第3弾(第1弾:2021年1月、第2弾:2021年9月)となる。

今回の「鬼滅の刃マンチョコ」(遊廓編)の、ビックリマンイラストレーター描き下ろしによる景品シールは全24種。

今回のシールテーマは”ド派手” 。遊郭編の名シーン等も一部シールで再現し、パッケージやシールも過去のビックリマンコラボシリーズの中でもド派手になるよう仕上げられている。

また、毎回恒例の『鬼滅の刃』キャラと「ビックリマン」キャラの共演シールは今回も収録。禰豆子&十字架天使のシールでは、十字架天使が禰豆子に合わせて鬼化している。

パッケージは2種類。シールはどれが出るかお楽しみ。サクサク食感のウエハースチョコと合わせてエンターテインメント菓子の世界をお楽しみいただきたい。

>>>「鬼滅の刃マンチョコ」(遊廓編)シールサンプルやパッケージを見る(画像5点)

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記。