石橋貴明がロサンゼルスで“リタイア”宣言!?「海外移住もアリなんじゃないかな」

特別番組『石橋貴明プレミアム』シリーズ最新作『石橋貴明プレミアム第17弾 タカさんロサンゼルス移住計画!~だって1人なんだもんSP~』が、10月2日(日)夜9時より「ABEMA SPECIALチャンネル」にて放送された。

【写真】独り身になった石橋貴明に「おめでとう!」と声をかけるローラ、ほか番組カット【5点】

第17弾となる今回の放送では、『石橋貴明プレミアム』シリーズ初の海外ロケを敢行。米・ロサンゼルスの地に降り立った理由として、石橋は「去年60歳になり、そして独り身になり…。年齢的にはリタイアしても良いのかな?海外に移住するのもアリなんじゃないかな?と思い、その下見にやって参りました」と宣言。その移住計画をサポートするために、ロサンゼルスを拠点に活動しているモデルのローラをゲストに迎えた。「やっほ~!ローラだよ~!」とお馴染みのフレーズでローラが登場すると、石橋は「いつかホテルでバッタリ会ったことがあるけど、久しぶりだね!」と約8年ぶりの共演に顔をほころばせた。

まずは、ロサンゼルスを知るため、ローラのオススメスポットを巡ることに。SNS映えするアートな街や倉庫街をリノベーションした最新のスポットを散策。ローラは行きつけの生活雑貨店を紹介し、「土鍋でご飯を炊いている」とロサンゼルス生活を明かすと、石橋は「私は最近あまりたくさんのご飯を炊かなくなった(笑)」と意味深な発言をし、ローラを驚かせる。

石橋は「独りなの」と打ち明けると、ローラは合点がいった様子で「聞いた~!」と反応。続けて、ローラは「アメリカだと“独り”になった人に対して、『おめでとう!』と祝福するの。新しい人生が始まるから、ポジティブ。おめでとう~!」と新しい人生の門出を祝うと、石橋は「じゃあポジティブに生きないとダメだね。ありがとう!」と笑顔で応じた。

ロサンゼルスの魅力をさらに伝えるため、ローラオススメのビーチを見に行くことに。青空のもとオープンカーでドライブを楽しみながら、2人近況報告に花を咲かせる。ローラが「タカさんはロスに来ることあるの?」と問いかけると、石橋は「野球を観に来ることはあるけど、この2年間はコロナで飛行機すら乗れず、3年ぶりにロスに来た」と久しぶりの海外訪問を明かした。

石橋が「ロスでお友達はいるの?」と尋ねると、ローラは「日本のお友達で言うと、女優の桃井かおりさん。お家に行ったこともある」と応じ、石橋は「俺も桃井さんと仲良いんだよ!」と思わぬ共通点を発見。また、石橋は「桃井さんがロスに移住してから全然会えていないけど…。元気かしら?」とつぶやくと、ローラは「しばらくローラも会っていないけど、きっと元気だと思う!」と変わらぬ“ローラ節”で応じた。

さらに、野球好きの石橋は「ロサンゼルス・エンゼルスにいる大谷翔平選手と街でバッタリ会ったりしないの?」と興味津々で聞くと、ローラは「ないけど、いつか会う気がする!歌手のジャスティン・ビーバーや俳優のドビー・マグワイアに街で会ったことはある」とロサンゼルス生活を明かした。

ロサンゼルスの街並みを堪能したところで、ついに売り出し中の物件を見学することに。ローラも「好きな街」だと話すベニスビーチ近くの物件を訪れると、不動産仲介人の男性が「どこかで見た顔だな?」と石橋に話しかける。すると、男性は「あ!タカ・タナカだろ?マジかよ!大スターじゃないか!」と、石橋が出演した映画『メジャーリーグ2』の役名を上げて大興奮し、石橋も嬉しそうな表情を浮かべた。

その男性から約220坪の敷地の中に本邸とゲストハウスが完備され、著名なアーティストのアートが散りばめられている物件を紹介されると、「イイね~!」「素晴らしいお家」と気に入った様子。しかし、その物件の価格が約11億3900万円だと明かされると、石橋は絶句し、「それなら30億円くらい稼がないと…」と泣く泣く断念。仲介人の男性から「『メジャーリーグ2』のギャラでここを買ってくれ!」と囃し立てられるも、「もう少し安くならない…?5億円くらいになりませんか?」と大胆な値下げを懇願し、笑いを誘った。

次に、ハリウッドスターが多く住む丘の上の物件を見学。ロサンゼルスの街並みを見下ろせる物件に、石橋は「これはすごい!」とハイテンションに。最高の絶景に、次第に石橋のトーンが一転。「音楽やれば良かったな…。お笑いじゃこの豪邸に追いつけないね」「この物件を買って、1人で夕焼けを見ていたら、多分俺泣くと思う。寂しいなって…」としみじみと語った。

移住計画の行方は、放送後7日間無料で見逃し配信中だ。

【あわせて読む】チャンス大城、自殺を考えた過去の自分へ「ダウンタウンさんに会えた、生きててよかったよ」