危険生物を探せ!「びっくらたまご 風呂の水ぜんぶ抜く大作戦」

人気TV番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』とコラボレーションした入浴剤「びっくらたまご ドラマチックお風呂シリーズ 緊急SOS!風呂の水ぜんぶ抜く大作戦」が登場。2022年10月3日(月)から全国の量販店・ドラッグストア・玩具店・家電量販店の日用品売場・玩具売場にて販売が始まっている。入浴剤を溶かすとお湯が濁った色になり、危険生物のマスコットが水中に沈む仕組みになっている。

『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』はテレビ東京系の人気TV番組。日本各地の汚れた池の水を全部抜き、危険な外来生物を捕獲、在来生物を保護、底のゴミを取り払い、きれいな水と在来生物を戻す、というドキュメントバラエティだ。

2017年に特番としてスタート。2018年からは月1回、定期放送されるようになった。

「びっくらたまご」シリーズは2002年発売のバンダイのマスコット入り入浴剤。2022年に20周年を迎えた。大好きなキャラクターの魅力と溶けるまで何が出てくるかわからないワクワクドキドキの演出で、子どもたちの毎日の「お風呂」を、特別な体験ができる時間と空間に変えてきた。

「ドラマチックお風呂シリーズ」は、大人も存分に楽しむことができる「お風呂だからこそできる演出と体験」によりこだわった入浴剤の新しいシリーズ。

「びっくらたまご ドラマチックお風呂シリーズ 緊急SOS!風呂の水ぜんぶ抜く大作戦」は『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』とびっくらたまごのコラボレーションで実現した商品。入浴剤をお湯に溶かすと、浴槽が番組さながらの「あの池の色」になり、見た目以上に爽やかな「池のほとりの緑のかおり」が広がる。

入浴剤が全部溶けるとマスコットの危険生物が風呂の底に沈む。通常びっくらたまごのマスコットは見つけやすいようお湯に浮くのだが、20年の歴史でマスコットが沈むのはこの商品が初めてだという。

池の底に危険外来生物がひそむ番組のシーンを再現し、アリゲーターガーやカミツキガメなどを手探りでドキドキしながら探し当て捕獲する、番組さながらの体験が楽しめるエンターテインメント入浴剤だ。

マスコットのラインナップは全5種類。

最後のメダカのみ、在来生物になっている。どれが出るかは溶かしてみてのお楽しみだ。

果たしてあなたは濁ったお湯の中から、危険生物のマスコットを探し出せるだろうか? それとも風呂掃除で「風呂の水ぜんぶ抜く」まで放置になってしまうのだろうか?

>>>「びっくらたまご ドラマチックお風呂シリーズ 緊急SOS!風呂の水ぜんぶ抜く大作戦」の画像を見る(画像10点)

(C)TV TOKYO