ヤナセが販売したケンメリGT-R【3】エンジンルーム内に草が生えた個体。2度にわたるレストア作業を行い、蘇らせた|1973年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 GT-R Vol.3

ヤナセが販売したケンメリGT-R 【1973年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 GT-R Vol.3】

【2】から続く

 ただし、手元に来るまでは、ヤナセが販売したケンメリRだということは知らなかったという。なにせ長らく放置されていたため、エンジンルーム内に草が生え、外装部品の腐食が進むなど、経年劣化が著しい状態だったのだ。

 それにもめげず、2度にわたるレストア作業を行い、現在のコンディションによみがえらせた。当初はエンブレムもなく、シートも破れた状態だったが、純正部品をひとつずつ入手し、じっくりとオリジナルへと戻していった。

「前オーナーは20年間このRに乗り、バトンを私に託してくれました。だから最低でもそれくらいは乗らないとと思っていましたが、26〜27年が経ちます。ようやく本当の意味で自分の愛車になった気がしますね」とほほ笑む。

 何よりこだわっているのは、前オーナーから受け継いだ当時のナンバーだ。こればかりはお金では買えないものなので、それだけのストーリーが込められているというのがその理由だ。あこがれ続けたケンメリRが、偶然にも貴重なヤナセものだったのも物語のひとつ。そうして歴史は紡がれていく。

>>【画像21枚】購入後に存在に気付いた「ヤナセ」のプレートなど。MAKE、MODEL、ENGINE-NO.、CHASSIS-NO.、BODY-NO.、OUR CAR-NO.が刻印されている。MODELの項目に「KPGC110T」とあるのは、レギュラーガソリン仕様の意味だ

OWNERS COLLECTION/貴重なパーツから展示用パネルまで!  ケンメリGT-Rのほか、240ZGも収まるガレージには、純正ストックパーツのほか、スカイラインフリークには見逃せないアイテムが多数。スカイラインのロゴやバッジが付いたニッサンジャンパーもそのひとつ。かなりレアなアイテムだという。「純正パーツやこうしたアイテムは個人売買で入手することが多いですね。それを通じて年賀状を送りあう仲になった人もいるし、友人もたくさんできました」とオーナーのやち兄ちゃん。ケンメリRを通じて、クルマ好きの輪が広がったのもうれしいそうだ。

当時の日産ディーラーに展示されていたというハコスカGT-Rレーシングのパネルもお気に入りの逸品。蛍光灯が仕込まれており、パネルが光る。またガレージ内には、当時モノのステアリングやノベルティーグッズなど、お宝アイテムがズラリと並ぶ。スカイラインへの愛情があふれる居心地のいい空間で、こうしたガレージを造りたいと思う読者もきっと少なくないはずだ。

1973年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000 GT-R(KPGC110) SPECIFICATION 諸元

全長 4460mm

全幅 1695mm

全高 1380mm

ホイールベース 2610mm

トレッド前/後 1395 / 1375mm

最低地上高 165mm

室内長 1790mm

室内幅 1340mm

室内高 1125mm

車両重量 1145kg

乗車定員 5名

最高速度 200km / h

登坂能力 tanθ0.46

最小回転半径 5.2m

エンジン型式 S20型

エンジン種類 水冷直列6気筒DOHC

総排気量 1989cc

ボア×ストローク 82.0×62.8mm

圧縮比 9.5:1

最高出力 160ps / 7000rpm

最大トルク 18.0kg-m / 5600rpm

変速比 1速 2.906 / 2速 1.902 / 3速 1.308 / 4速 1.000 / 5速 0.864 / 後退 3.382

最終減速比 4.444

燃料タンク容量 55L

ステアリング形式 リサーキュレーティングボール

サスペンション前/後 ストラット式独立懸架 / セミトレーリングアーム式独立懸架

ブレーキ前後とも ディスク

タイヤ前後とも 175HR14

発売当時価格 163万円

【1】【2】から続く