STU48話題の平和を願うメッセージソング「花は誰のもの?」ダンスリリックビデオが300万再生突破

4月13日にリリースされ、発売から半年が迫っているSTU48の8thシングル「花は誰のもの?」がその記録を伸ばし続けている。

【関連写真】STU48 2年半ぶりのオリジナル公演「花は誰のもの?」公演の模様【12点】

近年の音楽番組の通例としては珍しい、発売タイミングを大きく過ぎてから8月2日NHK「うたコン」、8月5日日本テレビ「MUSIC BLOOD」に出演を果たし、先月9月9日には自身初となるテレビ朝日「MUSIC STATION」への出演と楽曲に対する支持の拡大に伴い、次々と快挙とも言える歌番組への出演が続いている。

「MUSIC STATION」出演後には、USENのJ-POPチャートで再浮上、三度目のTOP5入りの第4位を記録するなど、楽曲の持つメッセージが更に多くのリスナーの心の琴線に触れ、支持の拡大につながっていると思われる。

そんなSTU48「花は誰のもの?」ダンスリリックミュージックビデオの再生回数が本日300万回を突破した。

これまで最も見られてきたのはデビュー曲「暗闇」のミュージックビデオで328万回再生であったが、それを上回るのも時間の問題ではあるが、先行して公開されていた別バージョンの「花は誰のもの?」ミュージックビデオと合わせると累計再生回数は417万回再生となり、STU48歴代史上最も支持を受けている楽曲となった。

公開されたのが5月3日。100万回突破が2ヶ月後の7月13日、200万回突破がさらに2ヶ月後の9月7日、そこから1ヵ月で300万回突破と再生回数の伸びも加速しての大台突破となった。

300万再生を越えてメンバーの石田千穂は自身のSNSで「300万再生突破!ありがとうございます。沢山の方に届きますように。獲るぞレコ大!行くぞ紅白!」とコメント、年末に向けての意気込みをあらためて語った。

度重なる苦難の逆境を乗り越え、新しい扉が何個も開かれてきた今年のSTU48だが、年末までにあと何枚の扉を開けてくれるのか期待が高まるばかりである。

【あわせて読む】STU48 瀧野由美子、大学中退から再び受験・合格するまで「新幹線の車内が一番の勉強部屋」