セブンある限り元気!『ウルトラセブン』4K上映トークイベントレポ

『ウルトラセブン』55周年記念4K特別上映の初日となる2022年10月1日(土)に、TOHOシネマズ池袋でトークイベント付きの特別上映会が開催された。ここではそのオフィシャルレポートをお届けしよう。

『ウルトラセブン』は1967年、『ウルトラマン』に続き放送された特撮TV番組。ウルトラセブンに変身するモロボシ・ダンの活躍を描く(厳密に言うとセブンが非戦闘時はダンに変身している)。

特撮TVシリーズの草創期、『ウルトラQ』『ウルトラマン』を経た若いスタッフが成熟した才能を発揮し、数多くの傑作エピソードを生み出した。軍拡競争で母星を滅ぼされた怪獣や、地球人同士の信頼を揺るがす侵略者、地球侵略の捨て石にされた異星人、人間より先に地球で暮らしていたのかもしれない生命体……。

数々のエピソードは、今もなお多くの人々の支持を集めている。

2022年10月1日からは『ウルトラマン』に続き『ウルトラセブン』からセレクトした5話を映画館の巨大スクリーンおよび迫力の4K映像で上映中。

初日となる10月1日(土)には、TOHOシネマズ池袋にて「『ウルトラセブン』55周年記念セレブレーション トークイベント」が開催された。

イベントでは、『ウルトラセブン』のファンとして知られる声優・関智一がMCとして進行を務めた。また『ウルトラマンZ』対怪獣ロボット部隊所属オオタユカ役を務めた黒木ひかりと、今年大ヒットを記録した『シン・ウルトラマン』の監督を務めた樋口真嗣監督が登壇。

イベント中盤では、『ウルトラセブン』55周年のメインビジュアルが解禁。樋口監督は「最近のウルトラマンのデザインと違い、ブーツや手袋が印象的でかっこいいですね」と、数々のウルトラマンシリーズを観てきたファンならだれもが頷くであろう感想を披露。

また黒木は「スタイリッシュですね」とほれぼれした表情で語り、「セブンのどこか人間味があるような作品のイメージが、このビジュアルに表われてる感じがします」と、ウルトラマンファンとして純粋に語った。

そして『ウルトラセブン』モロボシ・ダン役の森次晃嗣がスペシャルゲストとして登壇。ダンの無邪気なキャラクターについて、森次は「それは僕の地じゃない? 可愛いところあんのよ、僕」と本人の普段の様子が投影されたキャラクターであるということを明かし、会場からは笑いとともに温かい拍手が沸き起こった。

イベントの最後には森次が「今日は55周年ですが、60周年記念まで元気でいたいなと思います。セブンがある限り元気でいたいと思います」とその思いを強く語り、「55周年ありがとうございます!」と大きな声で挨拶しイベントを締めくくった。

『ウルトラセブン』55周年記念4K特別上映は、2022年10月13日(木)までの開催となる。

>>>『ウルトラセブン』55周年記念4K特別上映トークイベントの様子や『ウルトラセブン』場面カットを見る(画像11点)

(C)円谷プロ