岸田政権継続には、100人を超える安倍派の大きな支持が不可欠? 岸田首相が「国葬」に固執した理由
山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。9月27日(火)の放送では、近現代史研究者の辻田真佐憲(つじた・まさのり)さんと社会学者の西田亮介(にしだ・りょうすけ)さんをゲストに迎えて、「国葬」について話を聞きました。

※写真はイメージです

この日、日本武道館(東京都千代田区)で、安倍晋三元首相の国葬がおこなわれました。新憲法の施行により国葬令が失効したため、いまの国葬の基準は、ときの首相の政治判断に委ねられます。そのため「基準はない。あくまでときの首相がやりたいと思えばやることはできる」と辻田さん。

一方で、国葬が決定するまでの議論が「不透明では」との意見もあるなか、西田さんは「前例が少ないため、比較は難しい。ただ日本は法治国家なので、法(内閣府設置法)に基づいておこなわれているということは言える。内閣の裁量で実施されているため、こうなった以上、岸田首相は国葬儀を含めた形での評価を受ける」と指摘。

れなちが「(評価を受けるという)そうした意図も岸田さんのなかにあったのでしょうか?」と尋ねると、西田さんは「自民党内で岸田派は4番目の勢力。100人を超える安倍派の大きな支持がないと、岸田政権は継続できない。安倍派に対する党内の調整をおこなう意味でも、いち早く(国葬を)決めたのではないか」と推察。

国葬に対する反対意見も国民のなかには少なくないなか、西田さんは大きな理由の1つに予算の不明確さを挙げ「もともと2億円で収まるという話だったが、通常経費を合わせると16億円を超えるとも言われ、公費を投入するのに説明できないのはどういうことだ? という不満感情が高まっているのでは」と論じます。

また、今回の国葬の費用総額は「よくわかっていない」とも。「事後的に説明するとのことで、なかなか納得し難い人たちも少なくないのでは」と西田さん。「事例も少なく、物価の基準の違いなどもあって比較が難しいが、かなり高額になっていると思う。安倍元首相の亡くなり方や、世界中から要人が集まることも含めて、警備に対する意識が高まっている。警備に対して多くの予算が割かれている印象がある。ただ、繰り返しますが、費用がいくらかかるかわからない」と話していました。

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/