リアカメラカバー 「MDR-COV01」画像1


リアカメラカバー 「MDR-COV01」

 カー用品ブランドMAXWINを運営する昌騰(大阪府岸和田市)はこのほど、マックスウィンデジタルインナーミラーのリアカメラカバー 「MDR-COV01」を発売した。


カメラや配線の見た目がスッキリ




 同製品は、カメラ全体をカバーで覆うため、リアガラスの反射による内装映り込みが軽減でき、不意の衝撃によるポジションのずれやキズ、汚れやホコリからリアカメラを守ることができる。
 また、車外用リアカメラを車内に設置したいときも、カメラカバーをつけると見た目も良くなる。
 さらに、ブランケットとカバーの分離設計で、カバー部分が容易に取り外せて、設置後にもリアカメラの手入れや角度調整が可能となっている。





 気になるカメラの配線も、付属の配線カバーですっきり整理ができ、取り付けは、サイズ・取り付け位置確認用の型紙が付属していて、両面テープでガラス面に貼るだけで完成する。


製品概要



リアカメラカバー 「MDR-COV01」画像6

製品型番:MDR-COV01
サイズ:約91mm×90mm×46mm
取付ブラケット内寸:約85mm×85mm
素材:プラスチック
カラー:ブラック
対応機種:MDRシリーズ、DVRシリーズ、COMTEC(ZDR016、ZDR035、ZDR037)、Yupiteru(HDR361GW、DRY-TW7000c、DRY-TW8650c)など