米米CLUB「浪漫飛行」制作秘話「レコーディングに1人も来ないんですよ」石井竜也が明かす
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。9月10日(土)放送のお客様は、米米CLUBのボーカリストであり、今年ソロデビュー25周年を迎えた石井竜也さん。ソロ名義では2年半振りとなるニューアルバム 『LOST MESSAGE』を9月7日(水)にリリースしました。ここでは、米米CLUBの代表曲「浪漫飛行」制作秘話を披露しました。


石井竜也さん


1959年生まれ、茨城県出身の石井さん。1982年、文化学院のサークル仲間だったジェームス小野田さん(ボーカル)、BON(ベース)さんらと「米米CLUB」を結成し、1985年にデビュー。「KOME KOME WAR」「FUNK FUJIYAMA」「浪漫飛行」「君がいるだけで」など、数多くのヒットの曲をリリースします。1997年の解散後(2006年再始動)からは、カールスモーキー石井名義ではなく、本名・石井竜也としてソロ活動を開始。音楽活動に加えて、映画監督、インダストリアル・デザイナー、芸術家として多方面で活躍中です。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:石井竜也さん


石井:(1990年4月に発売された10枚目のシングルで代表曲の)「浪漫飛行」は、航空会社さん(JALの沖縄旅行キャンペーンのCMソング)に向けて作った曲ではないんですよ。

川島:あとからそうなるわけですか?

石井:ええ。(1987年にリリースされた3枚目の)アルバム『KOMEGUNY(コメグニ)』に入っている曲でしたし、(当時は)「これって歌謡曲じゃね?」ってみんなに言われていました。「米米で『浪漫飛行』ってどうなのよ?」って言われちゃうわけですよ。

川島:米米でやる必要があるのか? と。

石井:うん。『KOMEGUNY』ってアメリカで録ったから「米国(=コメグニ)」って名前になっているんですよ(笑)。それぐらいいい加減だったんです。

川島:(笑)。

石井:だから、レコーディングに1人も来ないんですよ。(メンバーが)20人もいて。

川島:えっ!?「浪漫飛行」のレコーディングに?

石井:聴いてみてください。最初から最後までコンピューターでやっていますし、声は俺しか入っていないですから(笑)。みんな(レコーディングに)来ないけど、プロデューサーに「いい曲だから作品として作っておきたいんです」と言ったら、アレンジしてくださいました。歌っているとき、みんなは(スタジオの)外でバスケットボールをやっていたんですよ。

川島:全然参加してくれない(笑)。

石井:だけど、「ドラムの音をどうしても生っぽくしたほうがいい」ってことで、そこだけRYO-Jが叩きにきましたね。

川島:ワンポイントだけやってもらったと。アルバムのなかの1曲として出したとき、「浪漫飛行」はそこまで注目されなかったんですね?

石井:うん。その頃は、米米CLUBがそういう歌を歌うバンドだって、みんなは思っていなかった。

川島:異質な感じだったんですね。

石井:世の中は、“おもしろバンドの頂点”みたいな感じで盛り上がっていたところだったので、まさか(JALのCMソングとして)「浪漫飛行」を使ってくれるなんて、っていう気持ちしかなかったです。航空会社に認められてね。

川島:そこからシングルカットされ、100万枚超えのビッグセールになりました。

*  

9月7日(水)にリリースしたニューアルバム『LOST MESSAGE』を引っさげたツアー「TATUYA ISHII SPECIAL CONCERT TOUR 2022『MESSAGE』」が、9月17日(土)の埼玉・戸田市文化会館を皮切りにスタートしました。

米米CLUBは、10月15日(土)、16日(日)に茨城県水戸市で開催される音楽とグルメのイベント「BLUE EARTH MUSIC FEST 2022 IN MITO」に出演予定です。詳しくは公式Webサイトをご確認ください。

次回10月8日(土)の放送もお楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/