ついに公開!『銀英伝』4thシーズン「策謀」第一章完成披露上映会レポ

2022年9月30日(金)よりついに上映開始となった『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章。本作の上映を記念し、9月24日(土)に新宿ピカデリーにて、宮野真守さん、諏訪部順一さん、多田俊介監督が登壇した舞台挨拶付き第一章完成披露上映が行われた。サードシーズン「激突」上映後の反響やフォースシーズン「策謀」の見どころなど、3名が銀英伝トークを繰り広げた。

また、「策謀」第一章の冒頭に流れるサードシーズン「激突」要塞対要塞ダイジェスト映像も公開!

>>>イベントの様子を見る(写真6点)

『銀河英雄伝説』は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説。田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1500万部のセールスを記録。今なお増刷が続いている。

1988年からはアニメシリーズが展開され、さらに多くのファンを獲得した。

2018年4月、Production I.Gが改めて新作アニメーションとして、ビジュアルが進化を遂げた『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』(全12話)を制作。その2ndシーズンとなる「星乱」(13話〜24話)も2019年に映画館でイベント上映され、新たな声優陣、最新の技術での艦隊戦、新たな解釈で描かれた本作は、銀河英雄伝説ファンのみならず、幅広いアニメファンに話題となった。

シリーズ作品としては、2020年4月にOP、EDを新たに全24話をNHK Eテレにて放送。2022年3月~6月には、サードシーズン「激突」(25~36話)が映画館にてイベント上映され、フォースシーズン「策謀」は全三章を2022年9月から3カ月連続上映となる。

9月30日(金)から全国47都道府県の劇場で3週間限定上映(一部劇場を除く)される『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章。それに先駆けて、9月24日(土)には新宿ピカデリーで、ラインハルト役の宮野真守さん、オーベルシュタイン役の諏訪部順一さん、多田俊介監督による舞台挨拶付き第一章完成披露上映会が開催。前シーズンの『激突』までを振り返りつつ、4thシーズン『策謀』の見どころも盛りだくさんの濃いトークが展開された。

MCに続いて登壇した宮野さん、諏訪部さん、多田監督が自己紹介と短い挨拶をした後、トークパートがスタート。今回の舞台挨拶は、本編の上映前に実施されたため、ネタバレにも配慮しながらのトークが繰り広げられた。

まず最初に、『激突』上映後の周囲の反響について聞かれた多田監督は、「たぶん、今日いらっしゃっているお客様も一緒の感想だと思うんですけど。なぜ『激突』で要塞対要塞のオチがないのか、と。スタッフからも言われました(笑)」と、「要塞対要塞」の決着が『策謀』へ持ち越されたことについて、周囲に驚かれたことを明かす。

『激突』の中で特に印象的なことという質問に対して宮野さんが語ったのは、キルヒアイスを喪った後のラインハルトの変化。

宮野「ラインハルトは、登場したときからずっと、絶対的な存在感があるように見せてきた部分があったんです。でも、キルヒアイスのことがあって以降、『激突』での彼は、それ(キルヒアイスの死)をずっと胸に抱えている状態。不安定な彼の姿は、演じていても非常に印象的でした」

そんなラインハルトに仕えながら、覇者へと導いているような雰囲気もあるオーベルシュタインを演じる諏訪部さんが、印象的なエピソードとしてまず語ったのは犬の話。

諏訪部「オーベルシュタインにとっては、とても重要なシーズンだったと思います。なんといっても、犬との出会いがありましたから(笑)。周りからは何を考えているか分からない、鉄面皮のような人間と思われていますが、犬に優しい人なので根はイイ人なのだと思います。彼はダーティーな部分を担うようなポジションなのですが、そういった役回りを裏で色々としていたような。歴史がまた新たな歩みを始めた感のあるシーズンだと思います」

(C)田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会

次に、「要塞対要塞」のエピソードでの演出面のこだわりを聞かれた多田監督は、『激突』で、その決着までが描かれなかった理由を語る。

多田「実は、当初の構成では『要塞対要塞』の話は3話で終結させる予定でした、でも、戦い方をもっときちんと見せようとか、ノイエらしく人物の描写にもっとカメラを寄せていこうとかやっていたら、丸っと1話分増えてしまったんです。これにより要塞対要塞の決着が「策謀」に持ち越されてしまったんです。でも、ケンプだけでなく、いろいろな登場人物のやりとりも増量されているので、そこを見せ場として考えて作っていました」

その後、多田監督の話も交えながら、キャストの二人から見た、ラインハルトとオーベルシュタイン、それぞれの魅力などが語られた。

終了の時間も近づき、最後に質問されたのは、第一章から始まる『策謀』の見どころ。

宮野「僕は、改めて(アニメで)戦争を扱うってすごいことだなと思いましたし、これが戦争なのかと思ったら、本当に怖くなってしまって……。でも、アニメというエンタメを通して、それを伝えていく側にいるのだから、しっかりとその本質を伝えていけたらとすごく思いましたし、そういうものも感じられる作品になっているはずです」

諏訪部「期せずして、現実社会も世界的にとても不安定な状態になっているので、帝国や同盟が内包している様々な社会不安にリアリティを感じる方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。もちろんメインの登場人物たちが物語を動かしているわけですが、世界はやはり多くの民衆、民意によって成り立っているんですよね。そういう部分が垣間見えるのも本作の魅力のひとつだと思っているので、どうぞお見逃しなく」

多田「『策謀』のティザービジュアルで、一番大きく描かれていたのはあの人だというところでも、見どころは分かるかなと思います。視点が銀河帝国と自由惑星同盟の軍隊のぶつかり合いだけじゃないんですよね。政治とか経済とか…何によって、この世界の物事が動いているのか。『策謀』では、二大勢力ではない、もう一つの勢力も時間をつかって描いていますので、そこを楽しみにして欲しいですね」

上映開始がますます楽しみになったところで、トークパートは終了。オフィシャルカメラマンによる撮影の後、多田監督、諏訪部さん、宮野さんの順に、最後の挨拶を述べた。

その中で宮野さんが熱く語ったのが、舞台挨拶の前にちょうど同日別会場で開催されていた原作40周年イベントで共演した原作者の田中芳樹先生へのリスペクト。

宮野「いつまでも謙虚な姿勢で面白いものを書き続ける。田中先生がそういう想いで書かれた作品が40年前から続いていて、そこに僕も参加できている。この奇跡を、これからも本当に大事にしたいと思っています。『策謀』は第三章まであるのですが、みなさんの応援があれば、もっともっとたくさん、その先の機会も巡ってくると思いますので、今後とも『銀英伝』の応援をよろしくお願いします。そして、今日は存分に楽しんで帰ってください。本日はありがとうございました」

大きな拍手の中、登壇者は退場。『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章の完成披露舞台挨拶は終了した。

そして、9月30日(金)に上映開始となったフォースシーズン「策謀」第一章冒頭につく、サードシーズン「激突」のダイジェスト映像が解禁! こちらもあわせて要チェックだ。

(C)田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会