ナナランド・峰島こまきの1st写真集より、カバー&オフショットが公開「大人っぽさと清純さを表現」

アイドルグループ・ナナランドのエース、峰島こまきが初の写真集が、10月17日発売される。今回写真集のタイトルが『ふるさと』に決定。通常版カバーの図柄も公開された。さらにオフショット画像と共に、コメントも到着した。

【写真】ナナランド・峰島こまきの1st写真集オフショット

今回の写真集は数々の女性タレントの写真集やポートレートを手掛けてきた、細居幸次郎氏が撮影を担当。清楚感溢れる峰島こまきが放つオーラが、見事な調和で表現されており、どこか懐かしい匂いも感じ取れる作品となっている。収録される写真の数々が、どことなく“ふるさと”という言葉が思い浮かべる事ができ、郷土愛を伝えたいという想いを込めて、本タイトルに確定した。

今回公開された通常カバーの図柄は、静岡・伊豆の海を望めるリゾートホテル内の、プールで撮影したカットが採用。水面に顔を出しながら、カメラのレンズを真っすぐ見つめる峰島こまきの姿が確認でき、吸い込まれそうな美しい瞳と可憐な濡れ髪が好相性。思わず写真集を手に取りなくなる、最高なビジュアルが完成した。

また到着したオフショットは、休憩時間中に撮られたもので “こまきピース”を披露している、キュートなカットとなっている。

峰島こまきは「写真集らしい顔がドアップな表紙に決まりました! 大人っぽさと、清純さを表現出来たと思います。プールの撮影では、水泳を10年間習っていたので、経験を活かせたと思っています(笑)。実はこのカットは、ほぼすっぴんなんです(照)。タイトルの『ふるさと』も、気に入っています。自分が育った静岡を、アピールできたと思います。私と一緒に、旅を楽しんでいただきたいです」とコメントしている。

【あわせて読む】ナナランド峰島こまき初の写真集が発売、初のランジェリー姿で大人の表情を披露