櫻坂46 幸阪茉里乃、眼差しが印象的なグラビアで『月刊エンタメ』登場

櫻坂46の幸阪茉里乃が、30日(金)発売の『月刊エンタメ』11月号(徳間書店)にグラビアで登場している。

【別カット3点】幸阪茉里乃の新たな魅力満載グラビアカット

2020年にグループの二期生として加入した幸阪茉里乃。先日放送された『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)では新たなキャラクターを開花させるなどいま注目を集めるメンバーだ。

幸阪はグラビアでは『月刊エンタメ』初登場。可愛らしいもちもちフェイスと眼差しの強さが印象的な彼女の、まだ知られざる魅力が満載の8Pになっている。

さらにインタビューでは、自分を甘やかしてくれるメンバーについてや、今年の夏の思い出も語っている。

なお、同号は乃木坂46の3期生コンビ・阪口珠美×吉田綾乃クリスティー、4期生コンビ・金川紗耶×弓木奈於がインタビューで登場している。表紙は横野すみれが飾るほか、新谷真由×前田彩佳(パラディーク)、天羽希純(#2i2)、櫻井もも×鈴木瞳美×本田珠由記(≠ME)などもグラビアで登場する。

    *     *     *

──今日の撮影はいかがでしたか?

幸阪 マスカットを持ったのが一番印象的でした。片手で房を持つのが結構重たくて、腕がプルプルしてしまって(笑)。

──若干の高所恐怖症のところ、高い場所での撮影にもチャレンジしていただきましたが……。

幸阪 苦手ではあるんですけど、耐えられる感じでした(笑)。誰も驚かしたりはしないので……。

──驚かす?

幸阪 そもそも苦手になった原因がお父さんなんですよ。家族で景色の良い場所とかに行くと絶対に後ろから「わっ!」ってやってくるタイプで。でも今日とかジェットコースターとか、安全が確保されている高所は比較的大丈夫です(笑)。

【あわせて読む】櫻坂46 小林由依の2nd写真集から、お気に入りの水着を着用した“砂浜のマーメイド”カットが解禁