岡田結実が主演を務める土曜ドラマ9『最果てから、徒歩5分』(BSテレ東/BSテレ東4K、毎週土曜21:00~)が、10月1日(土)から放送スタートする。

同ドラマは、糸井のぞによる同名漫画(新潮社バンチコミックス刊)が原作で、崖っぷちのオーベルジュ(※)を舞台に紡がれる、悲劇と喜劇のヒューマンドラマ。※主に郊外や地方にある宿泊設備を備えたレストラン

「生きること」も「死ぬこと」もできず、自殺の名所「志手の岬」から徒歩5分にあるオーベルジュ・ギルダを訪れた幸田すもも(岡田)。店主の白石夕雨子(内山理名)の言葉を受け、 店員の是枝息吹(栁俊太郎)やシェフの大森膳(竹財輝之助)と共に、住み込みで働くことになる。

最果ての地のオーベルジュだけに、訪れる客はそれぞれに事情を抱えている。

「不倫報道でバッシングされている女優」「定年退職した日に離婚を突き付けられた男」――彼らは滞在を通して“生きること”に気がつき、再生してゆく。その様子を目の当たりにし、すももの心境にも変化が生まれる。

しかし彼女は、夕雨子の秘密を知り――!?